07 06 書下

Application of Hypothesis Verification to Software Development for Photo Products Tetsuya MATSUMOTO*, Kei YAMAJI*, Kazuma TSUKAGOSHI*, and Toshio MATS...

0 downloads 360 Views 943KB Size
コンシューマ・フォト向けソフトウェア開発における 仮説検証プロセスの適用 松本 徹也*,山路 啓*,塚越 一真*,松原 俊夫*

Application of Hypothesis Verification to Software Development for Photo Products Tetsuya MATSUMOTO*, Kei YAMAJI*, Kazuma TSUKAGOSHI*, and Toshio MATSUBARA* Abstract Generally in the photo market, customers have specific personal memories about their photos to be printed. We took this into account in verifying the usability of our online photobook ordering system. We adopted a well-known hypothesis verification method and improved the verification process by using testers’ own photos in the designing and ordering of a photobook, and printing them in the final product prototype. This approach successfully met the customer needs more accurately.

111 はじめに 一般的にソフトウェア商品開発において,仕様を詰め 込み過ぎて開発期間と費用が増大したにもかかわらず商 品がユーザーニーズと合わないという問題が起こる場合 がある。この要因として,感性に頼った属人的,場当た り的なやり方で要求が定義されることが考えられ,具体 的には要求仕様作成工程において,以下が大きな課題と なっている 1)。 (1)要求を絞り込む ユーザーにとって本当に必要な機能を掴めてない。あ れもこれも実現しようとして,多くの要求を盛り込んで しまう。 (2)要求仕様の裏づけを取る 要求の妥当性,客観的な裏づけがないため,いろいろ な人の意見によって仕様が二転三転する。 上記 2 つの課題に取り組む上で,短期間で効率よく客 観的な事実ベースのデータを集めることがポイントにな る。短期間にユーザーニーズを掴み,効率良く仕様をま とめるには,網羅的に検討するのではなく,「当たり」 を付けて絞り込み,それを検証して課題を特定する「仮 説検証プロセス」が有効であることが知られている 2)。 一般的な仮説検証プロセスにおいては,①状況の観察・ 本誌投稿論文(受理 2010 年 11 月 26 日) * 富士フイルム(株)R&D 統括本部 ソフトウエア開発センター 〒 222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜 2-10-23

FUJIFILM RESEARCH & DEVELOPMENT (No. 56-2011)

分析,②仮説の設定,③仮説の検証の3つのフェーズが 繰り返し行なわれる 3)。ユーザーインターフェース(以 下 GUI)を持つソフトウェア開発では,ソフトウェアプ ロトタイプを用いて検証が行なわれる(Fig. 1)。 ①状況観察・分析仮説

②仮説の構築

③仮説の検証 ・ソフトウェアプロトタイプ利用

Fig. 1 Hypothesis verification process for GUI software development.

しかし,われわれが対象としているオンラインでフォ トブックを作成するためのコンシューマ・フォト向けソ フトウェア開発では,写真ならではの特徴があり,GUI ソフト開発の仮説検証プロセスをそのまま適用したので は解決できない課題がある。そこで,フォト向けに仮説 検証プロセスを改良し,フォトブックを作成するための ソフトウェア開発へ適用,実践した。

* Software Research & Development Center

Research & Development Management Headquarters FUJIFILM Corporation Shin-yokohama, Kouhoku-ku, Yokohama, Kanagawa 222-0033, Japan

27

本報告では,2. において写真ならではの特徴を,3. に おいて GUI ソフト開発の仮説検証プロセスでの課題を, 4. において課題に対する解決策,5. において実践した 「フォト向け仮説検証プロセス」について述べる。6. に おいて,プロセスを実践した結果,7. において市場導入 状況を示す。

222 写真ならではの特徴 フォトブックのようなフォト商品は,ユーザーの思い 出を形にして提供するものであり,以下の特徴がある。 (1)人によって写真 1 枚 1 枚の思い入れが違う 人それぞれ,写真に対する観点が異なる。人の感性を 扱う商品であり,使う写真によって商品の価値が変わる。 (2)ユーザーの写真が商品になる 一般コンシューマ商品(カメラやカバンなど)と異な り,ユーザーの画像を使ったものが最終商品となる。ユー ザーごとに最終商品が異なる。

444 課題に対する解決策 課題に対する解決策として,われわれは検証フェーズ に以下 2 点の工夫を取り入れた(Fig. 3)。 (1)ユーザーのデータを使う ユーザー自身が撮影したデータを利用することで, ユーザーを本気にさせる。 (2)商品プロトタイプを使う ユーザーが手にする最終商品を確認するための商品プ ロトタイプを作成する。最終商品と提供機能のイメージ を関連付けることでトータルでの検証が可能となる。

ソフトウェアプロトタイプ

(1) ユーザー画像の利用 一般的な検証範囲

333 GUI ソフト開発の仮説検証プロセスでの課題 2. であげた特徴ゆえに,オンラインでフォトブックの 作成をするようなフォト商品の開発に GUI ソフト開発の 一般的な仮説検証プロセスを適用すると,検証フェーズ にて以下のような問題を生じる(Fig. 2)。 (1)思 い入れのあるデータを使わないと正当な評価を 得ることができない 機能・操作性をテストデータで検証しても,データに 対する思い入れがないためユーザーが本気になれず正当 な評価を得ることができない。例えば,「好きな写真を 選択する」という評価をする場合,ユーザーの思い入れ が正しく反映されないと意味のない結果となってしまう。 (2)ソフトウェアプロトタイプだけでは正当な評価を得る ことができない フォト分野では,ソフトウェアは最終商品とならない。 ユーザーはソフトウェアプロトタイプから最終商品イ メージを持てないため,機能や操作性が商品に及ぼす効 果がわからず正当な評価ができない。

今回の検証範囲

Fig. 3 Solutions to challenges.

555 実践したフォト向け仮説検証プロセス 5555 プロセス概要 今回の仮説検証プロセスは,仮説の検証フェーズに上 記解決策を採り入れたと同時に,短期間での仕様絞り込 みのために,状況観察・分析フェーズでターゲット像の 具体化(ペルソナ手法 4)の取り組み),仮説の構築フェー ズでロードマップ作成を実践し,3 つのフェーズを 5 つ のステップに細分化した(Table 1)。

Table 1 Initiated process.

一般的プロセス ■注文ソフト(一般 B to C)

(2) 商品プロトタイプ

今回のプロセス

①状況観察・分析 Step1:状況観察・分析(ターゲット設定)

最終商品がイメージできる ソフトウェア検証のみで判断可

②仮説の構築

Step2:仮説の構築

③仮説の検証

Step3:仮説の可視化(プロト開発) Step4:ユーザー検証 Step5:仕様再検討

■注文ソフト(フォト)

最終商品がイメージできない ソフトウェア検証のみでは判断不可 Fig. 2 Challenges for software prototype in photo products.

28

コンシューマ・フォト向けソフトウェア開発における仮説検証プロセスの適用

5555 プロセス詳細 555555 Step1:状況観察・分析(ターゲット設定) 誰に何を提供するのか,具体化する。ターゲット像の プロファイルを具体化しイメージを共有化できるように する。具体的には,ターゲット像の基本情報(年齢,性 別,職業など)から,詳細情報(家族構成,趣味嗜好, 生活パターンなど) ,写真に対する姿勢(ショット数/月, 保存方法など)などのデータから,イメージを明確にし て共有した。 ターゲット像を見える形にすることがポイントである。

555555 Step2:仮説の構築 課題を抽出し,解決するための仮説を構築する。具体 的には,フォトブックを作成する時の課題(大量の画像 群からの画像選択,納得のいくレイアウトにする作業に 多大な時間がかかるなど)を抽出し,作業負荷を軽減す るための仮説を構築した。 構築した仮説すべてを検証するのは多大な労力と時間 を必要とするため,仮説に優先順位付けを行ない,長期 スパンで解決策のステップを描き,開発項目,検証項目 をロードマップに描くことがポイントである。

555555 Step3:仮説の具体化(プロトタイプ開発) 解決策の具現化 / 可視化,検証の絞り込みを行なう。 具体的には,機能・操作性を確認するためのソフトウェ アプロトタイプと,商品満足度・提供機能とのイメージ を関連付けるための商品プロトタイプを開発した。 短期間で早く結果を出すために検証ポイントに絞った ソフトウェアプロトタイプの作成と,提供機能の効果が 確認するための商品プロトタイプを作成することがポイン トである。

555555 Step5:仕様再検討 検証結果から仕様を再検討する。具体的には,検証終 了直後に,ユーザーの行動結果を関係者で模擬し,検証 結果の妥当性を確認した。結果が思わしくない場合は仮 説を立て直し,次の検証につなげた(例:画像選択時の 失敗画像表示方法)。 検証から時間が経つほど,開発者自身の思いに戻りが ちなので,結果が旬なうちに仕様再検討することがポイン トである。

666 フォト向け仮説検証プロセスの実践結果 フォトブックを作成するソフト開発に本プロセスを適 用した結果は以下のとおりである。

6666 ユーザーのデータによる効果 ユーザーデータを利用することで,ユーザー自身を本 気にさせることができ,仮説としてあげていなかった使 い方や機能を知ることができユーザーの潜在ニーズを見 出すことができた(例:失敗画像の表示方法)。さらに 仮設の裏づけをとることができ,検証結果にもとづく仮 説の修正が的確に実施できた(Table 2)。

Table 2 Number of hypothesis at each cycle.

1 サイクル

2 サイクル

3 サイクル

5

12

11

仮説総数 仮説とおり

1

8

11

修正した仮説数

3

3

0

破棄した仮説数

1

1

0

555555 Step4:ユーザー検証 仮説に基づく解決策を検証する。具体的には,商品プ ロトタイプを見ながら,ソフトウェアプロトタイプを ユーザーのデータを使って操作してもらい,その様子を 観察した。 他人のデータでは思い入れがないため,本来あるべき 思考判断ができず,短慮な操作となってしまう。このた め,ユーザーのデータを使うことがポイントである。

1 サイクル目の UI・操作系の検証では 4 項目(含破棄 した仮説)が,2 サイクル目の機能検証では 4 項目(含 破棄した仮説)が仮説と異なる大きなギャップとなった が,次サイクルでは収束させることができた。 高 仮 説

仮説と検証結果に ギャップ(赤色)

の 確

評価室

仮説を修正



仮説と検証結果に ギャップ(赤色)



観察室

1 サイクル目 2サイクル目 凡例 :UI/操作系

:画像選択

3 サイクル目 時間

:レイアウト

Fig. 4 User validation methodology. Fig. 5 Accuracy of hypothesis at testing cycle.

FUJIFILM RESEARCH & DEVELOPMENT (No. 56-2011)

29

6666 商品プロトタイプによる効果 ソフトウェアプロトタイプと商品プロトタイプによっ て機能性と商品性をあわせて提供したことで,ユーザー はその機能が実際の商品にどのように反映されるのかを イメージでき,正当な評価結果を得ることができた。例 えば,撮影日時をまとめて表示する機能はソフトウェア プロトタイプ検証ではユーザーの反応が鈍かったが,商 品プロトタイプへの反映を見せたところ,ほぼ全員が欲 しいと回答した。ソフトウェアのプロトタイプだけでは, 誤った判断をしかねない仮説である。さらに,商品プロ トタイプで最終商品イメージを示したことにより,商品 用途と金額に関するユーザーニーズを確認することもで きた。

参考文献 1) 山岸耕二ほか . 要求獲得プロセスの効率化 . 日経コン ピュータ , 2009 年 7 月 8 日 , No.734, p.120-125. 2) 内田和成 . 仮説思考 BCG 流問題発見・解決の発想法 . 東京 , 東洋経済新報社 , 2006, p.22-54. 3) 江口夏郎ほか . 仮説思考 . 東京 , 株式会社ファースト プレス , 2009, p.8-39. 4) ジ ョン・S・プルーイット . ペルソナ戦略-マーケ ティング,製品開発,デザインを顧客思考にする-. 東京 , ダイヤモンド社,2007.

6666 市場での評価結果 検証結果において評価の高かった機能(自動レイアウ ト機能など)を当社オンラインネット注文サイトへ導入 し,機能の満足度についてのアンケートを実施した(導 入前後で実施)。 画像を自動で配置した結果に満足と回答した人は 24 ポイント増加し,導入した機能が有効であった。

777 まとめと今後 本報告では,GUI ソフト開発の一般的な仮説検証を オンラインでフォトブックを作成するためのコンシュー マ・フォト向けソフトウェア開発に適用するための新た なプロセスを決め,実際の開発に適用することで,ユー ザーニーズの把握に成功した。今後は,実プロジェクト でのさらなる活用を通して本プロセスを洗練しつつ, ユーザーにとって本当に価値ある機能の開発に結びつけ ていきたい。

30

コンシューマ・フォト向けソフトウェア開発における仮説検証プロセスの適用