Ikarashi T, Fukuda J, Takagi R, Hayashi T

usefulness of quantifi cation of telomerase activity in oral malignant and nonmalignant lesions. Int J Oral Maxillofac Surg, 33(7): 693- 699, 2004. 3)F...

0 downloads 0 Views 55KB Size
136

新潟歯学会誌 35(1):2005

2004.11.13,新潟.

2004.10.16-17,福島. 29)小島 拓,小林正治,加納浩之,高田佳之,齊藤 力:

41)北川原香,五島秀樹,櫻井健人,横林敏夫,小林正

歯科インプラント前外科処置としての骨移植術の検

治,齊藤 力:顎変形症患者における下顎骨後方移

討.日本形成外科学会関東支部第 66 回新潟地方会,

動術術後の睡眠時血中酸素飽和度の変動と顎顔面形

2004.11.8,新潟.

態の変化についての検討.平成 16 年度新潟歯学会 第 2 回例会,2004.11.13,新潟.

30)長谷川勝紀,芳澤享子,新美奏恵,鈴木一郎,齊藤 力:歯の即時自家移植の臨床的検討.平成 16 年度

42) 島 村 拓 也, 佐 々 井 敬 祐, 新 垣  晋: 粘 液 嚢 胞 の 臨床的検討.平成 16 年度新潟歯学会第2回例会,

新潟歯学会第 2 回例会,2004.11.13,新潟.

2004.11.13,新潟.

31)橋本英美,大沢 大,小島 拓,船山昭典,鈴木一 郎,齊藤 力:新潟大学医歯学総合病院口腔再建外

43)澤田宏二,河野正司,芳澤享子,小林正治,齊藤 力:

科診療室の受診患者に関する臨床統計学的分析.平

歯の移植による咬合支の回復.第 111 回日本補綴歯

成 16 年度新潟歯学会第 1 回例会,2004.7.10,新潟.

科学会学術大会,2004.5.21-23,東京.

32)安島久雄,芳澤享子,泉 直也,福田純一,小野和

44)ハムディ メトワリ,鈴木 誠,丸山 智,山崎 学,

宏,齊藤 力,高木律男:歯の移植における予後不

高田佳之,齊藤 力,小山純市,林 孝文,程 クン,

良因子の検討−移植歯・受容部ともに問題のあった

朔 敬:口蓋腫瘤.第 14 回日本口腔病理学会総会・

症例.第 42 回日本口腔科学会北日本地方会,2004.

学術大会,2003.8.21-23,兵庫. 45)依田浩子,齊藤 力,朔  敬:頬粘膜腫瘍.第 14

5.22-23,新潟.

回日本口腔病理学会総会・学術大会,2003.8.21-23,

33)濱本宜興,吉澤信夫,加納浩之,新美奏恵,泉 直

兵庫.

也,芳澤享子,齊藤 力:歯牙移植後の付着レベル の向上を目的としたエナメル基質由来物質の使用.

46)ジェン カイユ,程 クン,鈴木 誠,新美奏恵,

第 58 回日本口腔科学会総会,2004.5.7-8,横浜.

齊藤 力,小林富貴子,林 孝文,朔  敬:口

34)澤田宏二,河野正司, 芳澤享子, 小林正治, 齊藤  力:

蓋腫瘍.第 14 回日本口腔病理学会総会・学術大会, 2003.8.21-23,兵庫.

歯の移植による咬合支持の回復.第 111 回日本補綴 歯科学会学術大会,2004.5.26,東京. 35)興地隆史,芳澤享子:自家移植歯の歯内療法.第 25 回日本歯内療法学会学術大会,2004.7.11,新潟 .

【研究会発表】 1)新垣 晋,中里隆之,高田佳之,小林正治,鈴木一 郎,齊藤 力,勝良剛詞,林 孝文:外科療法を行っ

36)李 敏啓,網塚憲生,織田公光,河野芳朗,竹内亀一, 那須真樹子,小島 拓,高木律男,前田健康:破骨

た舌扁平上皮がんの治療成績.第 64 回新潟癌治療

細胞が産生する cathepsin K と MMP-9 の局在につ

研究会,2004.7.31,新潟.

いて−肺癌骨転移モデルを用いた検討−.第 46 回

2)中里隆之:血中がん細胞は増腫瘍能を有するか.平 成 16 年度新潟大学脳研究所遺伝子実験部門アニュ

歯科基礎医学会学術大会・総会,2004.9.23-25,広島.

アルミーティング,2005.3.18,新潟 .

37)庭野将広,星名秀行,高木律男,加納浩之,小林正治, 齊藤 力:新潟大学医歯学総合病院口腔外科におけ

3)岩本忠士:上顎に発生した内容液を含まない歯原性

る骨移植・インプラントによる咬合再建.日本形

角化嚢胞の 1 例.第 54 回新潟口腔外科歯科麻酔科 集談会,2004.6.3,新潟.

成外科学会関東支部第 67 回新潟地方会,2005.2.14,

4)金丸祥平:顎下部に発生した小児線維腫症の 1 例.

新潟.

第 55 回新潟口腔外科歯科麻酔科集談会,2004.11.4,

38)松木美和子,橋本貞充,嶋 香織,佐々木穂高,中

新潟 .

野洋子,齊藤 力,柴原孝彦,畑田憲一,松井 隆, 井上 孝,下野正基:口腔領域にみられた sinusoidal hemangioma の 5 例.第 278 回東京歯科大学学会 (総

【その他】 1)齊藤 力:ご存知ですか? ∼地域保健医療推進部∼.

会),2004.10.16-17,千葉.

病院だより和 第 26 号,3-4.

39)布田花子,森田修一,山田秀樹,齊藤 力,高木律男, 花田晃治:Le Fort 型骨切り術に伴う鼻部の変化−

顎顔面口腔外科学分野

上下顎移動術を施行した女性骨格性下顎前突症例に ついて−.第 37 回新潟歯学会総会,2004.4.24,新潟. 【論文】 40)五島秀樹,小林正治,高田佳之,泉 直也,横林敏夫,

1)Ikeda N, Nozawa-Inoue K, Takagi R, Maeda T :

齊藤 力:睡眠時呼吸障害におけるパルスオキシメ

Development of the synovial membrane in the

トリーの有用性.平成 16 年度新潟歯学会第 2 回例会 ,

rat temporomandibular joint as demonstrated by

− 136 −

業 績 目 録(平成 16 年度)

137

immunocytochemistry for heat shock protein 25.

Ikarashi T, Fukuda J, Takagi R, Hayashi T ,

Anat Rec, 279 A: 623-635, 2004.

Saku T : Solitary fibrous tumor of the lower

2)Fujita H, Nagata M, Hoshina H, Nagashima K,

lip involving minor salivary gland components:

Tanaka K, Seki Y, Nishizawa R, Shingaki, S,

Report of a case and review of the literature of

Ohnishi M, Takagi R : Clinical significance and

salivary grand cases. Oral Oncology EXTRA 40,

usefulness of quantification of telomerase activity

107-112, 2004.

in oral malignant and nonmalignant lesions. Int J

11)Nozawa-Inoue K, Ikeda N, Suzuki A, Amizuka N, Maeda T: Synovial type B cells in the

Oral Maxillofac Surg, 33(7): 693- 699, 2004.

temporomandibular joint. J Oral Biosci., 46 (6) :

3)Fujita H, Nagata M, Ono K, Okubo H, Takagi R :

519-522, 2004.

Linkage analysis between BCL3 and nearby genes on 19q13.2 and non-syndromic cleft lip with or

12)Tamura Y, Maruyama M, Mishima Y, Fujisawa H,

without cleft palate in multigenerational Japanese

Obata M, Kodama Y, Yoshikai Y, Aoyagi Y, Niwa

families. Oral Diseases, 10(6): 353-359, 2004.

O, Schaffner W, Kominami R: Predisposition to

4)Rahima B, Shingaki S, Nagata M, Saito C :

mouse thymic lymphomas in response to ionizing

Prognostic significance of perineural invasion in

radiation depends on varient alleles encoding

oral and oropharyngeal carcinoma. Oral Surg Oral

metal-responsive transcription factor-1 (Mtf-1). Oncogene 24: 399-406, 2005.

Med Oral Pathol Oral Radiol Endod, 97(4): 423-431,

13)Aita M, Maeda T, Takagi R, Fujiwara N, Seo K

2004. 5)Yamazaki M, Cheng J, Hao N, Takagi R, Jimi

: Postnatal changes in the spatial distributions

S, Itabe H, Saku T:Basement membrane-type

of substance P and neurokinin-1 receptors in

heparan sulfate proteoglycan (perlcan) and low-

the trigeminal subnucleus caudalis of mice. Developmental Brain Research, 155(1): 33-41, 2005.

density lipoprotein (LDL) are co-localized in granulation tissues: A possible pathogenesis of

14)小林孝憲,高木律男,小野和宏,飯田明彦,碓井

cholesterol granulomas in jaw cysts. J Oral Pathol

由紀子,安島久雄:2 人乗り自転車前転事故による

Med, 33: 177-184, 2004.

小児顎関節突起完全骨折の 2 例.日口外誌,50(4): 231-234, 2004.

6)Jen HY, Cheng J, Takagi R, Tanaka R, Hayashi T, Saku T :Central hemangioma of the maxilla:

15)児玉泰光,福田純一,藤田 一,安島久雄,小野和

Report of a case with an exophytic growth. Oral

宏,高木律男:晩期成長による再発が疑われた下顎

Oncology EXTRA, 40: 88-90, 2004.

非対称の1例.日口外誌,50(7): 422-425, 2004.

7)Asawa Y, Amizuka N, Hara K, Kobayashi M,

16)星名秀行,高木律男,長島克弘,永田昌毅,藤田 一,

Aita M, Li M, Kenmotsu S, Oda K, Akiyama

飯 田 明 彦, 田 中  賢: 進 行・ 再 発 下 顎 歯 肉 癌 6

Y, Ozawa H. : Histochemical evaluation for the

例に対する温熱化学放射線療法.新潟歯学会誌 , 34(1):27-34, 2004.

biological effect of menatetrenone on metaphyseal trabeculae of ovariectomized rats. Bone, 35 (4) :

17)八木 稔,高木律男,西田康文,小林秀人,安島久雄, 池田順行,山田裕士,宮崎秀夫:新潟県の1中学校

870-880, 2004.

における顎関節機能に関する自己記入式アンケート

8)Gramaticescu CE, Terada K, Ishii K, Watanabe N,

調査.新潟歯学会雑誌,34(1): 11-15, 2004.

Ono K, Morita S, Hanada K : Three-dimensional evaluation of mid-facial development in uni-lateral

18)安島久雄,小野和宏,前田健康,永田昌毅,高木律

cleft lip and palate patients. Orthodontic Waves,

男,山田秋好,興地隆史,魚島勝美,葭原明弘,花

63(2): 40-47, 2004.

田晃治:歯学教育プログラムへの PBL 教育の導入 −南カリフォルニア大学実態調査−.日本歯科医学

9)Li M, Amizuka N, Oda K, Tokunaga K, Ito T,

教育学会雑誌,20(1):167-173,2004.

Takeuchi K, Takagi R, Maeda T : Histochemical evidence of the initial chondrogenesis and

19)寺尾恵美子,高木律男,大橋 靖:Furlow 法を用

osteogenesis in the periosteum of a rib fractured

いた Hotz 床併用二段階口蓋形成手術法における言

model: Implications of osteocyte involvement in

語機能−第 1 報 4 歳時と 5 歳時における言語成績−. 日口蓋誌,29(1):30-39, 2004.

periosteal vhondrogenesis. Microscopy Research

20)林 孝文,勝良剛詞,平 周三,新垣 晋,星名秀行:

and Technique, 64: 330-342, 2004. 10)Swelam W, Ida-Yonemochi H, Maruyama S,

− 137 −

頸部郭清術後に認められる内頸動脈に沿った紡錘

138

新潟歯学会誌 35(1):2005

形結節状構造の画像所見.頭頸部癌,30(4):630-634,

Medical and Dental Hospital. Special Lecture in

2004.

University Dental College,ダッカ(バングラデ シュ),2004 年 6 月 7 日 .

21)興地隆史,福島正義,吉羽邦彦,小林 博,葭原明弘, 星名秀行,富沢美恵子,高木律男,前田健康,山

2)Takagi R: The management system for the patient

田好秋:客観的臨床能力試験(OSCE)における概

with cleft lip and palate in Niigata University

略評定の信頼性と妥当性−平成 15 年度本学歯学部

Medical and Dental Hospital. Special Lecture in

OSCE の解析−.日歯教誌,20 (1) : 135-141, 2004.

City Dental College,ダッカ(バングラデシュ), 2004 年 6 月 8 日 .

22)長島克弘,星名秀行,永田昌毅,藤田 一,鶴巻 浩, 小柳広和,宮浦靖司,宮本 猛,相馬 陽,高木律男:

3)Takagi R: Reconsideration of management of

頸部後発リンパ節転移を生じた口腔領域扁平上皮癌

TMD. Philippine Association of Functional Jaw

の臨床病理学的検討.新潟歯学会誌,34(2):179-183,

Orthopedics (TMJ) Seminar, Subic (Philippine),

2004.

2004 年 10 月 10 日 -11 日.

23)小野和宏, 小林正治, 安島久雄, 高木律男, 毛利 環, 橋

4)Hoshina H, Nagashima K, Nagata M, Fujita

本明彦,田中 礼:垂直的歯槽骨延長法を用いて顎

H, Tanaka K, Takagi R, Tsurumaki H :

堤形成を行った 1 例.新潟歯学会誌,34(2):219-224,

Thermochemoradiotherapy for metastatic cervical

2004.

lymph node of oral cancer. 第 11 回日露医学医療交 流国際シンポジウム,新潟市,2004 年 8 月 10,11 日.

24)小林孝憲,林 孝文,加藤祐介,鈴木 誠:広範な 転移を伴った舌癌の 1 例.臨床病理検討会レポート,

5)高木律男,福田純一,小野和宏,飯田明彦:顎発育 に配慮した当科の口唇口蓋裂の一貫治療− Hotz 床

新潟歯学会雑誌,34(2), 231−234, 2004. 25)小山貴寛,飯田明彦,芳澤享子,齊藤 力,高木律

併用二段階口蓋形成手術.シンポジウム「口蓋裂患

男:凍結培養細胞を用いた培養粘膜作製に関する基

者の上顎劣成長−予防と対処を中心に−」第 58 回 日本口腔科学会総会,横浜市,2004 年 5 月 7 日.

礎的研究.日口科誌,54(2):253-263,2005.

6)小野和宏 : Hotz 床による術前顎矯正治療.シンポ ジウム「口蓋床の目的と現状」 .第 28 回日本口蓋裂

【著書】

学会総会,鹿児島市,2004 年 5 月 27-28 日.

1)高木律男(分担) :一般臨床家,口腔外科医のため の口腔外科 ハンドマニュアル '05. 第 6 章全身管理

7)小野和宏 : 歯科医学教育への PBL の導入−新潟大

からトラブル予防まで(3)嚥下障害患者の治療,

学歯学部の試み−.シンポジウム I「PBL −チュー

瀬戸 一,野間弘康,香月 武,編集 2005.

トリアルの導入と実践」 .第 23 回日本歯科医学教育 学会総会,新潟 8)関 雪絵:FGFR2 シグナリング活性化が胎仔頭蓋

【商業誌】 1) 永 田 昌 毅:Intelligene Human Cancer CHIP と

の軟骨分化におよぼす影響と分子機構の検討.若手

Smart Cycler System を用いた口腔扁平上皮癌の遺

サテライトシンポジウム 硬組織研究の最前線,第

伝子発現解析.Bio View, 47:18-21, 2004.

46 回歯科基礎医学会総会, 広島市, 2004 年 9 月 23 日.

2)高木律男:いわゆる顎関節症の病態について−薬 物療法の位置付けから.新潟県薬事情報,113: 3-7,

【学会発表】 1)Seki Y, Nagata M, Takagi R : Aberrant chondrocyte

2004. 3)高木律男(共訳):CDC2003 歯科臨床における院内

differentiation in cranial base synchondrosis with

感染予防ガイドライン.池田正一編・訳 2005.

activated FGFR2IIIc. 82nd General Session of the International Association for Dental Research (IADR), Honolulu, USA, 2004.3.10-13. J. Dent. Res., 83 (Spec

【研究成果報告書】

Iss A): 2335, 2004.

1)安島久雄:MMP-1,-3 多型と口腔扁平上皮癌の進展, 転移に関する検討−新しい腫瘍感受性マーカーの検

2)Aita M, Maeda T, Fujiwara N, Seo K : Postnatal

索−.新潟大学プロジェクト推進経費(若手研究者

development of SP and NK1-receptor in the

奨励研究),685 千円 2005 年3月.

trigeminal caudalis. 82nd General Session of the International Association for Dental Research, Honolulu, USA, 2004. 3. 10-13. J. Dent. Res., 83

【講演・シンポジウム】

(Spec Iss A): 3823, 2004.

1)Takagi R: The management system for the patient with cleft lip and palate in Niigata University

3)Ikeda N, Nozawa-Inoue K, Takagi R, Maeda T :

− 138 −

業 績 目 録(平成 16 年度)

139

Development of type A synoviocytes in the rat

K, Kodama Y, Takagi R, Shingaki S, Saito C :

temporomandibular joint. 82nd General Session of

A clinical study of trismus after maxillectomy.

the International Association for Dental Research

6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial

(IADR), Honolulu, USA, 2004.3.10-13. J. Dent. Res.,

Surgery (ACOMS), 49th Annual Meeting of

83 (Spec Iss A): 3831, 2004.

Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons (JSOMS), Tokyo, Japan, 2004.10.20-23.

4)Tsukamoto-Tanaka H, Ikegame M, Takagi R, Ohshima H: Hard tissue formation in the dental

10)星名秀行,青柳貴之,長島克弘,藤田 一,永田昌毅,

pulp during the regeneration process after tooth

飯田明彦,高木律男,橋本明彦,新垣 晋,林 孝文:

replantation in rat molars. 8th International

口腔腫瘍外来:第 2 報 腓骨・インプラント義歯に

Conference on Tooth Morphogenesis and

より咬合再建した下顎腫瘍の 2 例 . 新潟歯学会平成 16 年度総会,新潟市,2004 年 4 月 24 日.

Differentiation, York, UK, 2004. 7. 17-21. Abstract:

11)田中 賢,星名秀行,長島克弘,永田昌毅,藤田 一,

119, 2004. 5)Tsukamoto-Tanaka H, Ikegame M, Takagi

高木律男:ハムスター頬粘膜癌転移モデルに対する

R, Ohshima H: Immunocytochemical and

温熱化学(TXT)療法の抗腫瘍効果.第 58 回日本

histochemical study of hard tissue formation

口腔科学会総会,横浜市,2004 年 5 月 7,8 日.

in the dental pulp after tooth replantation in

12)山田裕士,星名秀行,齋藤正直,福田純一,藤田 一,

rat molars. 16th International Congress of the

高木律男,朔  敬:長期経過し再発したエナメル

IFAA and 109th Annual Meeting of Japanese

上皮腫の 2 例.第 58 回日本口腔科学会総会, 横浜市,

Association of Anatomists, Kyoto, Japan, 2004. 8.

2004 年 5 月 7,8 日. 13)児玉泰光,高木律男,小野和宏,永田昌毅,飯田明

22-27. Int. Anat. Sci., 79(Suppl.): 362, 2004. 6)Koyama T, Iida A, Yoshizawa M, Saito C, Takagi

彦,藤田 一,安島久雄:両側性口唇口蓋裂を伴っ

R: Development and characterization  of tissue-

た McCune-Albright 症候群患者における顎裂部腸

engineered oral mucosa using cryopreserved

骨移植術の治 療経験.第 58 回日本口腔科学会総会, 横浜市,2004 年 5 月 7,8 日.

oral keratinocytes. American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 86th Annual Meeting,

14)安島久雄,芳澤享子,泉 直也,福田純一,小野和

Scientific Sessions, San Francisco, CA USA,

宏,斉藤 力,高木律男:歯の移植における予後不

2004.9.29-10.2. J. Oral and Maxillofacial Surgery 62

良因子の検討−移植歯・受容部ともに問題のあった

(Supplement 1) : 64-65, 2004.

症例−.第 42 回口腔科学会北日本地方会,新潟市, 2004 年 5 月 22,23 日.

7)Fujita H, Hoshina H, Nagashima K, Nagata M, Seki Y, Tanaka K, Yoshikai Y, Saito M, Yamanaka

15)池田順行,星名秀行,永田昌毅,安島久雄,宇都宮

M, Aoyanagi T, Nishizawa R, Takagi R : Clinical

宏子,朔  敬,高木律男:舌に発生した顆粒細胞

features and background factors of multiple

腫の1例 . 第 30 回日本口腔外科学会北日本地方会, 新潟市,2004 年 5 月 22,23 日.

primary cancers in oral and maxillofacial region. 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial

16)寺尾恵美子,磯野信策,前新直志:舌・口底癌再

Surgery (ACOMS), 49th Annual Meeting of

建術後の口腔機能および構音機能の評価について.

Japanese Society of Oral and Maxillofacial

第 30 回日本コミュニケーション障害学会,松山市, 2004 年 5 月 22,23 日.

Surgeons (JSOMS), Tokyo, Japan, 2004.10.20-23. 8)Nagata M, Fujita H, Hoshina H, Nagashima K,

17)福田純一,高木律男,小野和宏,星名秀行,飯田明彦,

Seki Y, Kodama N, Kitamura N, Ohnishi M, Kurita

児玉泰光:下顎後退症に対する下顎枝矢状分割術に

H, Kurashina K, Shingaki S, Saito C, Saku T,

overcorrection を行った症例の安定性と顎関節への

Takagi R : Expression level of Integrin related

影響について.第 14 回日本顎変形症学会総会,福 岡市,2004 年 5 月 26 日 .

genes as biomarkers for malignancy of tongue squamous cell carcinoma. 6th Asian Congress on

18)山中正文,福田純一,高木律男,小野和宏,星名秀

Oral and Maxillofacial Surgery (ACOMS), 49th

行,飯田明彦,児玉泰光:上顎歯列の狭窄を伴う顎

Annual Meeting of Japanese Society of Oral and

変形症に対して Le Fort 1型骨切り術に正中分割を

Maxillofacial Surgeons (JSOMS), Tokyo, Japan,

加えた2例.第 14 回日本顎変形症学会総会, 福岡市,

2004.10.20-23.

2004 年5月 26 日.

9)Arashiyama T, Iida A, Hoshina H, Nagashima

19)大久保博基,藤田 一,永田昌毅,小野和宏,飯田

− 139 −

140

新潟歯学会誌 35(1):2005

明彦,福田純一,碓井由紀子,児玉泰光,寺尾恵美子,

頭頸部腫瘍学会,福岡市,2004 年 6 月 16-18 日.

相田 恵,小山貴寛,小林孝憲,奈良井省太,高木

27)小玉直樹,永田昌毅,尾関 真,木村 祐,高木律男,

律男:日本人家系における唇裂・唇顎口蓋裂発症に

田畑泰彦 : rhFGF2 含浸ゼラチンハイドロゲルによ

関する候補遺伝子(F13A1,D16S539,BCL3)の解析.

る歯槽骨再生の試み.第 7 回日本組織工学会, 東京,

第 28 回日本口蓋裂学会総会,鹿児島市,2004 年 5

2004 年 7 月 1,2 日. 28)庭野将広,高木律男,安島久雄,大島 賢,山田裕士,

月 26-28 日.

池田信行,嵐山貴徳:顎関節症 3b 症例の長期予後

20)飯田明彦,奈良井省太,高木律男,小野和宏,永田

に関する調査.第 17 回日本顎関節学会総会, 新潟市,

昌毅,池田順行:Blepharo-cheilo-dontic (BCD) 症候

2004 年 7 月 4,5 日.

群の 1 例.第 28 回日本口蓋裂学会総会,第 28 回日 本口蓋裂学会総会,鹿児島市,2004 年 5 月 26-28 日.

29)大鳥居 淳, 高木律男, 星名秀行, 安島久雄, 大島 賢, 林 孝文:右側耳下腺に生じた血管腫の 1 例.第

21)朝日籐寿一,小野和宏,幸地省子,須佐美隆史,大

17 回日本顎関節学会総会,新潟市,2004 年 7 月 4,

塚純正,根来武史,北井則行,森田修一,毛利 環,

5 日.

石井一裕,高木律男,舘村 卓,寺尾恵美子,花田 晃治:日本における片側性唇顎口蓋裂治療に関する

30)Hossain K S,池田順行,井上佳世子,網塚憲生,

多施設比較研究− Part1 研究の概要について−.第

織田公光,高木律男,前田健康:A histochemical

28 回日本口蓋裂学会総会,鹿児島市,2004 年 5 月

study in the developing mouse condylar cartilage.

26-28 日.

第 17 回日本顎関節学会総会, 新潟市, 2004 年 7 月 4, 5 日. 

22)森田修一,朝日籐寿一,小野和宏,毛利 環,石井 一裕,高木律男,寺尾恵美子,幸地省子,須佐美隆

31)櫻井直樹,河野正司,林 孝文,野村修一,寺田員人,

史,大塚純正,根来武史,北井則行,舘村 卓,花

荒井良明,鈴木一郎,星名秀行,松崎正樹:顎関節

田晃治:日本における片側性唇顎口蓋裂治療に関す

症患者遠隔診断支援システム構築のための予備的調

る多施設比較研究− Part2 顎顔面形態の評価結果に

査.第 17 回日本顎関節学会総会,新潟市,2004 年

ついて−.第 28 回日本口蓋裂学会総会,鹿児島市,

7 月 4,5 日. 32)小山貴寛,飯田明彦,芳澤享子,齊藤 力,高木律

2004 年 5 月 26-28 日.

男:凍結保存後の培養口腔粘膜上皮細胞を用いた培

23)須佐美隆史,朝日籐寿一,根来武史,北井則行,幸 地省子,大塚純正,毛利 環,森田修一,小野和宏,

養複合口腔粘膜の基礎的研究.第 2 報.第 14 回日

舘 村   卓 ,石 井 一 裕 ,萩 原 祐 二 ,寺 尾 恵 美 子,高

本口腔粘膜学会総会,東京,2004 年 7 月 9,10 日.

戸  毅,高木律男,花田晃治:日本における片側

33)芳澤享子,飯田明彦,小山貴寛,中西義崇,小野由起

性唇顎口蓋裂治療に関する多施設比較研究− Part3

子,新美奏恵,鈴木一郎,齊藤 力,高木律男,寺師浩

久郷状態の評価結果について−.第 28 回日本口蓋

人, 横尾 聡, 古森孝英, 津野宏彰, 古田 勲:培養複

裂学会総会,鹿児島市,2004 年 5 月 26-28 日.

合口腔粘膜の臨床応用に関する研究−移植を行わな

24)根来武史, 朝日籐寿一, 毛利 環, 森田修一, 八巻正樹,

かった症例について−.第 14 回日本口腔粘膜学会 総会,東京,2004 年 7 月 9,10 日.

小野和宏,高木律男,石井一裕,幸地省子,大塚純 正,須佐美隆史,北井則行,舘村 卓,寺尾恵美子,

34)寺尾恵美子,星名秀行,新垣 晋,林 孝文,高木

後藤滋己,花田晃治:日本における片側性唇顎口蓋

律男:口腔腫瘍外来:第 3 報 舌・口底癌再建術後

裂治療に関する多施設比較研究− Part4 口唇・外鼻

の口腔および構音機能の評価と治療.新潟歯学会平 成 16 年度第 1 回例会,新潟市,2004 年 7 月 10 日.

形態の評価結果について−.第 28 回日本口蓋裂学

35)田中 賢,星名秀行,長島克弘,永田昌毅,藤田 一,

会総会,鹿児島市,2004 年 5 月 26-28 日.

高木律男:ハムスター頬粘膜癌転移モデルに対する

25)舘村 卓,寺尾恵美子,小野和宏,高木律男,幸地 省子,須佐美隆史,大塚純正,根来武史,北井則行,

温熱化学 (TXT) 療法の抗腫瘍効果.新潟歯学会平

朝 日 籐 寿 一 ,石 井 一 裕 ,毛 利   環 ,森 田 修 一 ,和

成 16 年度第1回例会,新潟市,2004 年 7 月 10 日.

田 健,花田晃治:日本における片側性唇顎口蓋裂

36)相田 恵,前田健康,高木律男,瀬尾憲司:三叉神

治療に関する多施設比較研究− Part5 音声言語成績

経尾側亜核におけるサブスタンス P および NK1 受

のための評価案と使用結果−.第 28 回日本口蓋裂

容体の生後発育.新潟歯学会平成 16 年度第1回例

学会総会,鹿児島市,2004 年 5 月 26-28 日.

会,新潟市,2004 年7月 10 日.

26)林 孝文,勝良剛詞,益子典子,平 周三,新垣 晋,

37)Hossain KS, Ikeda N, Inoue K, Amizuka N, Oda K,

星名秀行:頸部郭清術後に明瞭化した内頸動脈に

Takagi R, Maeda T : A histoshemical study in the

沿った紡錘形結節状構造の画像所見.第 28 回日本

developing mouse mandibular condylar cartilage.

− 140 −

業 績 目 録(平成 16 年度)

141

新潟歯学会平成 16 年度第1回例会,新潟市,2004

前田健康:ラット顎関節関節腔の形成における血管

年 7 月 10 日.

新生の関与.第 46 回歯科基礎医学会総会,広島市, 2004 年 9 月 23-25 日.

38)津端久美子,福田純一,高木律男,小野和宏,山中 正文:上顎歯列の狭窄を伴う顎変形症に対して Le

49)吉開義弘,窪田智之,大井博之,木南 凌:がん抑

Fort Ⅰ型骨切り術に正中分割を加えた 2 例.第 65

制遺伝子 Rit1/Bcl11b と p53 遺伝子との遺伝的相互

回日本形成外科学会関東支部新潟地方会,新潟市,

作用.第 63 回日本癌学会総会,福岡市,2004 年 9 月 29 日−10 月1日.

2004 年 7 月 12 日.  39)Hossain KS,池田順行,井上佳世子,網塚憲生,

50)池田順行,星名秀行,今井信行,富沢美恵子,高木

織田公光,高木律男,前田健康:A histochemical

律男:腫瘍を疑わせた小児の上顎骨慢性硬化性骨髄

investigation in the mandibular condylar cartilage

炎の 2 例.第 16 回日本小児口腔外科学会総会,弘 前市,2004 年 10 月 9 日.

of the postnatal mice. 第 22 回日本骨代謝学会,大

51)高木律男,安島久雄,池田順行,永田昌毅,荒井良

阪,2004 年 8 月 4-7 日.

明:間歇的に臼歯部開咬を呈した顎関節内障の 1 例.

40)李 敏啓,網塚憲生,織田公光,河野芳郎,竹内亀一,

日本形成外科学会関東支部第 66 回新潟地方会,新

高木律男,前田健康:肺癌骨転移モデルにおける破

潟市,2004 年 11 月 8 日.

骨細胞が産生する基質分解酵素の組織化学的検討. 第 22 回日本骨代謝学会,大阪,2004 年 8 月 4-7 日.

52)小山貴寛,飯田明彦,芳澤享子,齊藤 力,高木律男:

41)網塚憲生,李 敏啓,小林正敏,赤羽章司,原 久

凍結保存後の培養上皮細胞を用いた培養複合口腔粘

仁子,竹内亀一,小澤英浩,秋山康博,前田健康:

膜の基礎的研究.新潟歯学会平成 16 年度第 2 回例会 ,

低マグネシウムラットの石灰化異常における電子回

新潟市,2004 年 11 月 13 日.

折と EPMA 元素マッピング.第 22 回日本骨代謝

53)大久保博基,藤田 一,永田昌毅,高木律男:口唇・ 口蓋裂発症関連遺伝子の探索.新潟歯学会平成 16

学会,大阪,2004 年 8 月 4-7 日.

年度第 2 回例会,新潟市,2004 年 11 月 13 日.

42) 水 野 敦 子, 網 塚 憲 生, 李  敏 啓, 鈴 木 誠: Transient Receptor Potential Vanilloid ( 4 TRPV4)

54)関 雪絵,永田昌毅,小玉直樹,黒川 亮,高木律

ノックアウトマウスにおける軟骨内骨化異常.第

男:FGFR2 シグナリング活性化が胎仔頭蓋の軟骨

22 回日本骨代謝学会,大阪,2004 年 8 月 4-7 日.

分化におよぼす影響と分子機構の検討 . 新潟歯学会 平成 16 年度第 2 回例会,新潟市, 2004 年 11 月 13 日.

43)喜井 勲,網塚憲生,李 敏啓,竹内亀一,前田健 康,北嶋 聡,井上 達,相賀裕美子,工藤 明:

55)田中容子,池亀美華,高木律男,大島勇人:ラット

ペリオスチンノックアウトマウスではメカニカルス

臼歯再植後の歯髄治癒過程における歯髄内硬組織形

トレスによる歯根膜リモデリングが破綻している.

成メカニズムの検索.新潟歯学会平成 16 年度第 2

第 22 回日本骨代謝学会,大阪,2004 年 8 月 4-7 日.

回例会,新潟市,2004 年 11 月 13 日.

44)小林孝憲,依田浩子,程   ,高木律男,朔  敬:

56)星名秀行,高木律男,藤田 一,青柳貴之,齊藤正

ケラチン分子種と Ki-67 の発現様式による口腔扁平

直,田中 賢:中咽頭癌 20 例の臨床病理学的検討.

上皮癌境界病変の病理組織学的評価.第 15 回 日本

第 23 回日本口腔腫瘍学会総会,東京,2005 年 2 月 3,

口腔病理学会総会,東京,2004 年 8 月 5-7 日.

4 日.

45)前新直志,寺尾恵美子:口蓋切歯乳頭部の神経痛

57)庭野将広,星名秀行,高木律男,加納浩之,小林正

によって発話困難を訴えた症例−第1報 痛みに対

治,齊藤 力:新潟大学医歯学総合病院口腔外科に

する処置−.日本特殊教育学会第 42 回大会,東京,

おける骨移植・インプラントによる咬合再建.日本

2004 年 9 月 10-12 日.

形成外科学会関東支部第 67 回新潟地方会,新潟市, 2005 年 2 月 14 日.

46)相田 恵,前田健康,高木律男,瀬尾憲司:三叉神 経尾側亜核におけるサブスタンス P および NK1 受 容体の生後発育.第 46 回歯科基礎医学会総会,広

【学会賞受賞】 1)2004 Scientific Poster Awards Best Basic Science

島市,2004 年 9 月 23-25 日. 47)Hossain KS, Ikeda N, Inoue K, Amizuka N, Oda

Presentation : Koyama T, Iida A, Yoshizawa

K, Takagi R, Maeda T : Histochemical changes

M, Saito C, Takagi R: Development and

of the hypertrophic zone in developing mouse

characterization of tissue-engineered oral mucosa

mandibular cnodyle. 第 46 回歯科基礎医学会総会,

using cryopreserved oral keratinocytes. American

広島市,2004 年 9 月 23- 25 日.

Association of Oral and Maxillofacial Surgeons

48)鈴木晶子,野沢−井上佳世子,池田順行,網塚憲生, − 141 −

86th Annual Meeting, Scientific Sessions, San

142

新潟歯学会誌 35(1):2005

よって吃様症状を訴えた症例.第 119 回新潟言語障

Francisco, CA USA, Sept 29-Oct 2, 2004. J. Oral

害児懇談会,新潟,2004 年 12 月 18 日.

and Maxillofacial Surgery 62 (Supplement 1) :

10)山中正文:高気圧酸素療法が奏効した下顎骨骨髄炎

64-65, 2004.

の 1 例.第 55 回新潟口腔外科麻酔科集談会, 新潟市,

2)The Asian Travel Awards : Hossain KS, 池田順

2004 年 11 月 4 日.

行, 井 上 佳 世 子, 網 塚 憲 生, 織 田 公 光, 高 木 律 男,前田健康:A histochemical investigation in

11)児玉泰光,猪本正人,神田健史:抗血栓療法患者の

the mandibular condylar cartilage of the postnatal

口腔外科処置−最近の傾向と当科の対応−.佐渡医

mice. 第 22 回日本骨代謝学会,大阪,2004 年 8 月

師会集談会,佐渡市,2005 年 2 月 26 日.

4-7 日. 【その他】 1)小野和宏 : スウエーデン・マルメ大学歯学部に出張

【研究会発表】

中です.新潟大学歯学部同窓会誌,24: 53-54, 2004.

1)長島克弘,星名秀行,永田昌毅,飯田明彦,福田純 一,藤田 一,田中 賢,高木律男:温熱化学放射

2)小野和宏 : 口腔生命福祉学科の専門教育について 

線療法に TXT を加えた進行口腔癌の5例.第 2 回

PBL の目的と導入の経緯.歯学部ニュース,平成 16 年度第 1号(通算 104 号) : 13-14, 2004.

北東北口腔癌勉強会 ,第 5 回新潟口腔癌化学療法 勉強会 合同研究会 ,新潟市,2004 年 5 月 21 日.

3)寺尾恵美子:Furlow 法を用いた Hotz 床併用二段 階口蓋形成手術法における言語機能,小児言語障害

2)田中 賢,星名秀行,長島克弘,永田昌毅,藤田 一,

学特論,新潟医療福祉大学,2004 年 4 月 17 日.

高木律男:ハムスター頬粘膜癌転移モデルに対する 温熱化学(TXT)療法の抗腫瘍効果.第 2 回北東北

4)高木律男 :“唇顎口蓋裂ってどんな病気”−赤ちゃ

口腔癌勉強会,第 5 回新潟口腔癌化学療法勉強会

んから大人まで−.第 19 回母親教室 口蓋裂診療

合同研究会,新潟市,2004 年 5 月 21 日.

班運営委員会,新潟市,2004 年 5 月 11 日.

3)長島克弘,星名秀行,永田昌毅,藤田 一,飯田明彦,

5)高木律男:平成 16 年度歯科臨床研修医セミナー「感 染対策」. 新潟市,2004 年 6 月 16 日 .

福田純一,田中 賢,高木律男:温熱化学放射線療 法に TXT を加えた進行口腔癌の 5 例 . 第 18 回新潟

6)高木律男:変わりゆく大学と歯学部:新潟大学での

ハイパーサーミア研究会, 新潟市, 2004 年 5 月 28 日 .

現状 −新潟大学歯学部に求められるもの−.新潟

4)池田順行:腫瘍を疑わせた小児の上顎骨慢性硬化性

大学歯学部同窓会 長野県支部 創立 20 周年記念 講演会,長野市,2004 年 7 月 10 日.

骨髄炎の 2 例.第 54 回新潟口腔外科麻酔科集談会,

7)高木律男:院内感染説明会:歯科診療における手

新潟市,2004 年 6 月 3 日. 5)小野和宏 : 新潟大学歯学部における PBL 教育の導

洗いの見直し− Guideline for Hand Hygiene in

入と実践−マルメ大学の歯学教育を体験して−.第

Health-Care Settings (CDC) −.新潟市,2004 年 7 月 30 日.

20 回新潟大学歯学部口腔外科・歯科麻酔科同門会

8)星名秀行:平成 16 年度歯科臨床研修医セミナー「口

学術講演会,新潟市,2004 年 6 月 19 日.

腔癌の治療と再建」 .新潟市,2004 年 9 月 22 日.

6)大久保博基,藤田 一,永田昌毅,小野和宏,高木 律男:日本人家系における唇裂・唇顎口蓋裂発症に

9)高木律男:会津地方部会「歯科診療における感染対 策」 .会津若松市,2004 年 10 月 27 日.

関する候補遺伝子(F13A1, D16S539, BCL3)の解析. 第 4 回新潟ゲノム医学研究会,新潟市,2004 年 6

10)寺尾恵美子:口蓋裂児の言語治療.第 19 回母親教 室 口蓋裂診療班運営委員会,新潟市,2004 年 10

月 26 日.

月 12 日.

7)永田昌毅,藤田 一,関 雪絵,田中 賢,小玉直樹, 星名秀行,北村信隆,大西 真,栗田 浩,新垣 晋,

11)飯田明彦:口唇口蓋裂.長岡赤十字病院看護学校 講義,2004 年 10 月 12 日.

齊藤 力,朔  敬,高木律男:口腔扁平上皮癌に おける MMP 遺伝子群発現レベルの悪性度判定因子

12)高木律男:加茂見附歯科医師会勉強会「歯科診療に

としての可能性.第 64 回新潟癌治療研究会, 新潟市,

おける院内感染対策の見直し」 .加茂市,2004 年 11

2004 年 7 月 31 日.

月 18 日.

8)寺尾恵美子:Furlow 法を用いた Hotz 床併用二段

13)高木律男:障害者歯科研修セミナー「唇顎口蓋裂患 者の歯科治療−治療と診断, 遺伝について」 . 新潟市,

階口蓋形成手術法における言語機能− 4 歳と 5 歳時

2004 年 3 月 24 日.

における言語成績−,第 118 回新潟言語障害児懇談

14)飯田明彦:障害者歯科研修セミナー「唇顎口蓋裂患

会,新潟,2004 年 9 月 18 日. 9)寺尾恵美子,前新直志:口蓋切歯乳頭部の神経痛に

− 142 −

者の歯科治療−補綴治療と保険請求について」.新

業 績 目 録(平成 16 年度)

143

【講演・シンポジウム】

潟市,2004 年 3 月 24 日.

1)河野正司:日本補綴歯科学会の「顎機能障害のガ イドライン」 ,第 58 回日本口腔科学会総会 横浜 

摂食機能再建学分野

2004 年 5 月 8 日,同学会プログラム集 P.143, 2004 年. 2)河野正司(座長) ,坂東永一,古賀良生,細貝暁子:

【論文】 1)MDM Rahman, Kohno S, Kobayashi H, and

第 17 回日本顎関節学会総会・学術大会シンポジウ

Sawada K: Influence of the inclination of the

ム,新潟 2004 年 7 月 4 日,同学会プログラム・

plate of intra-oral tracing device on the condylar

抄録集 56-61 頁,2004 年.

position registered by the tapping movement. J

3)細貝暁子:顎関節の骨変化と下顎運動,第 17 回日 本顎関節学会総会・学術大会シンポジウム,新潟,

Oral Rehabil, 31: 546-553, 2004.

2004 年7月4日,同学会プログラム・抄録集 p.59,

2)Tazawa K, Hoshi K, Kawamoto S, Tanaka M, Ejiri

2004 年.

S, Ozawa H: Osteocytic osteolysis observed in rats to which a parathyroid hormone was continuously

4)河野正司:要介護者口腔ケア研究班の意義と総括評

administered. J Bone Miner Metab, 22(6): 524-529,

価,阿賀北地区歯科医師学会・学術講演会「要介護

2004.

者への口腔ケアの普及に向けて −厚生労働科学研 究班の成果を踏まえて」新潟,2004 年9月4日.

3)Tsuruta A, Yamada K, Hanada K, Koyama J, Hayashi T, Hosogai A, Kohno S: Comparison of

5)河野正司:要介護者のお口の実態から見る問題点,

condylar positions at intercuspal and reference

公開講座 健やかなお口と食から考える介護予防

position in patients with condylar bone chamge. J

∼厚生労働科学研究班の成果を踏まえて∼,新潟, 2004 年9月 10 日,2004 年.

Oral Rehabil, 31:640-646, 2004. 4)Tsuruta A, Yamada K, Hanada K, Hosogai A,

6)河野正司:顎関節症への対応,第 20 回日本歯科医

Kohno S, Koyama J, Hayashi T: The relationship

学会総会,横浜,2004 年 10 月 31 日,日本歯科医

between morphological changes of the condyle

学会雑誌 p.58, 2004 年.

and condyle position in the glenoid fossa. J Orofac

7)河野正司,山田祐敬,栗田賢一,田口 望,座長: 柴田考典,伊東隆利:ミニシンポジウム「歯科医療

Pain, 18(2): 148-155, 2004.

現場に即応した顎関節症ガイドライン」 ,第 58 回日

5)田中みか子:固定性ブリッジを用いて前歯部の咬

本口腔科学総会 場所,2004 年 5 月 8 日,2004 年.

合と審美性を回復した唇顎口蓋裂症例,補綴誌, 48(3): 465-468,2004 年 . 6)本間 済,河野正司,武川友紀,小林 博,櫻井直 樹 : 煎餅を用いた食塊形成能力からみた咀嚼能力評

【学会発表】 1)澤田宏二,河野正司,芳澤享子,小林正冶,齊藤 力: 歯の移植による咬合支持の回復,第 111 回日本補綴

価法.顎機能誌,10(2): 151-160,2004 年 .

歯科学会学術大会,東京,2004 年 5 月 21 日,補綴

7)興地隆史,福島正義,吉羽邦彦,小林 博,葭原明

誌 48(111 回特別号)62 頁,2004 年 .

弘,星名秀行,富沢美恵子,高木律男,前田健康, 山田好秋:客観的臨床能力試験(OSCE)における

2)小笠原正卓,河野正司:咀嚼運動時に観察される身

概略評定の信頼性と妥当性−平成 15 年度本学歯学

体重心動揺の変調現象,第 111 回日本補綴歯科学会

部 OSCE の解析−.日本歯科医学教育学会雑誌,

学術大会,東京, 2004 年 5 月 21,22 日,補綴誌 48(111 回特別号) ,63 頁,2004 年

20(1): 135-141,2004 年 . 8)岩舩素子,五十嵐直子,河野正司,清田義和,葭

3)松井理恵,河野正司,花田晃治,五十嵐直子,宮城

原明弘,宮崎秀夫:義歯の装着と咬合力および噛

尚史:骨格性下顎前突症例における食物摂取時開口

める食品との関係,新潟歯学会雑誌,34(2) : 49-54,

運動が頭部運動に及ぼす影響.第 111 回日本補綴歯

2005 年.

科学会学術大会,東京,2004 年 5 月 22 日,補綴誌 48(111 回特別号),150 頁,2004 年. 4)金城篤史,河野正司,細貝暁子,小笠原正卓,藤井

【商業誌】

芳仁,田島 卓:下顎運動に随伴する頭部運動と体

1)河野正司:東京医科歯科大学の創設者「島峰 徹」

幹動揺の同時測定の試み.第 111 回日本補綴歯科学

と新潟,新歯界,633-634,2004 年.

会学術大会,東京,2004 年 5 月 21 日 , 回学術大会

2)澤田宏二:歯の移植と咬合支持 , 日本歯科評論,

抄録集,114 頁,2004 年.

64(11), 155-164, 2004 年 .

5)本間和代,河野正司,本間 済:自由咀嚼と片側 − 143 −