Japanese Sessions

Please note that all sessions in this section are con-ducted in Japanese only, with the exception of “CDR-KL” that will be presented in English...

0 downloads 538 Views 496KB Size
Japanese Sessions Please note that all sessions in this section are conducted in Japanese only, with the exception of “CDRKL” that will be presented in English.

O2-3. Atrial Defibrillation Threshold Measured Before Performing Catheter Ablation for Persistent Atrial Fibrillation, can be a Predictor of Recurrence of Atrial Fibrillation. Kohei Sawasaki(Japan)

Japanese Sessions

Thursday, September 14

Thursday, September 14

O2-4. Progression from Paroxysmal to Sustained Atrial Fibrillation is Associated with Increased Clinical Outcomes:

Room 303 Oral Presentation(JO)1

From The Fushimi AF Registry

16:30-18:00

Hisashi Ogawa(Japan)

SVT-1

O2-5. Accuracy of Point Collection by Continuous Mapping

Chairpersons:

with CARTO 3 System with Confidence Module

M a s a m i t s u A d a c h(J i a p a n)/ M i t s u n o r i M a r u y a m a

Masatomo Ozaki(Japan)

(Japan)

O2-6. Feasibility and Safety of Catheter Ablation of Atrial

Speakers:

Fibrillation in Adult Patients with Repaired Congenital

O1-1. Comparison of Left Atrial Voltage Mapping Using a

Heart Disease

Duodecapolar Ring Catheter Versus a Pentaray Cathe-

Yoshihito Hata(Japan)

ter in Patients with Atrial Fibrillation

Room 315

Shunsuke Kawai(Japan)

Oral Presentation (JO) 3

O1-2. The Combination of Post Pacing Interval Mapping and High Resolution Pentaray Catheter Local Mapping

Pharm-1

could be an Alternative Strategy for Unstable Multiple

Chairpersons:

Atrial Tachycardia Ablation.

Hitoshi Suzuki(Japan)/Kaoru Tanno(Japan)

Kentaro Goto (Japan)

Speakers:

O1-3. Initial Experience of Using Confidense Module for Cath-

O3-1. The Impact of Very Early Recurrence of Atrial Fibrilla-

eter Ablation of Atrial Tachycardia

tion after Cryoablation on One-Year Clinical Outcome

Satoshi Miyazawa (Japan)

Kazuki Iso (Japan)

O1-4. Prevelance of Esophageal Injury after Atrial Fibrillation

O3-2. Premature Atrial Contractions Originating From Non-

Ablation Both with Radiofrequency and Cryoballoon

Pulmonary Veins: Are they a Target for Additional

Without Luminal Esophageal Temperature Monitoring.

Ablation after Pulmonary Vein Isolation?

Shigetoshi Sakabe(Japan)

Ryo Nakamaru(Japan)

O1-5. Box Isolation Combined with Cryoballoon Pulmonary

O3-3. Fatal Risk of Warfarin in Asian Very Elderly Patients

Vein Isolation

with Atrial Fibrillation in the Direct Oral Anti-Coagulant

Hikari Jo (Japan)

Era.

O1-6. A Double Nodal Reentry Case Showing the Different

Masahiko Takahashi (Japan)

Retrograde Atrial Activation Sequence along the Poste-

O3-4. Inhibition Of Ca 2+ /Calmodulin Dependent Protein

rior Tributary and the Mainstream of the Coronary

Kinase(CAMK II)Reduced Vulnerability to Stretch-

Sinus(Cs)

Induced Atrial Fibrillation

Kazushi Tanaka (Japan)

Norihiro Ueda(Japan)

O1-7. Usefulness of Capnography for Detection of Hyperven-

O3-5. The Final Results of J-Dabigatran Surveillance Program:

tilation During EPS in a PSVT Patient - A Case Report

Safety and Effectiveness of Dabigatran Long-Term

Hajime Saeki (Japan)

Treatment in Patients with Atrial Fibrillation Under Real Japanese Clinical Practice

Room 304 Oral Presentation(JO)2

11:20-12:50

Hiroshi Inoue(Japan)

11:20-12:40

O3-6. Real-World Data of Reduced Dose of Apixaban in Japa-

AF-1

nese Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation

Chairpersons:

Akio Hirata(Japan)

Yasuteru Yamauchi(Japan)/Koichiro Ejima(Japan)

O3-7. Atrial Radiofrequency Ablation Guided by Contact

Speakers:

Force and Catheter Stability: Dominant Gap Location

O2-1. Mid-Term Outcome of Ablation for Paroxysmal or Per-

in Pulmonary Vein and Optimal Force-Time Integral to

sistent Atrial Fibrillation in Patients with Heart Failure

Prevent Reconnection

Masaki Fujita (Japan)

George Suzuki(Japan)

O2-2. Cryoballoon Ablation Leads to More Atrial Inflammation and Irritability During the Acute Phase in Comparison with Radiofrequency Ablation for Atrial Fibrillation. Satoru Sekimoto(Japan)

94

Japanese Sessions O12-3. Additional Cooling of the Left Atrial Posterior Wall

Friday, September 15

with Cryoballoon Ablation in Atrial Fibrillation Kazuhiro Yajima(Japan)

Room 304

O12-4. Left Atrial Voltage-Based Ablation in Addition to Pul-

日本不整脈心電学会・日本心不全学会ジョイントセッション 8:30-10:00

monary-Vein Isolation for Persistent Atrial Fibrillation

心不全のデバイス治療の最前線

is an Efficient Strategy with Luculent Endpoint.

座長:

Keiichi Ashikaga(Japan)

堀江 稔(滋賀医科大学 呼吸循環器内科)

O12-5. Silent Cerebral Ischemic Lesions after Catheter Abla-

百村伸一(自治医科大学附属さいたま医療センター)

tion of Atrial Fibrillation: A Prospective Randomized Periprocedural Direct Oral Anticoagulants

野田 崇 (国立循環器病研究センター心臓血管内科)

Kohki Nakamura(Japan)

JJ-2. 心不全デバイス植え込み患者の内科治療の最適化 猪又 孝元 (北里大学北里研究所病院循環器内科)

Oral Presentation (JO) 13

JJ-3. デバイス植え込み患者の心不全遠隔モニタリング

Pharm-2

鈴木 誠 (横浜南共済病院循環器内科)

Chairpersons:

JJ-4. 心不全デバイス植え込み患者の包括的な心臓リハビリテー

Satoru Sakagami(Japan)/Yoshihisa Enjoji(Japan)

ションを考える

Speakers:

白石 裕一 (京都府立医科大学循環器内科)

O13-1. Orientation of the Right Inferior Pulmonary Vein

Room 317 Oral Presentation(JO)11

Relates to Difficulty of Complete PV Isolation Using the Cryoballoon Ablation

13:30-14:30

Ryobun Yasuoka(Japan)

Tachy-1

O13-2. Compared the Efficacy of Cryoablation and Radiofre-

Chairpersons:Katsuhiko Imai(Japan)/Kenji Ando(Japan)

quency Ablation for Treatment of Atrioventricular

Speakers:

Nodal Reentrant Tachycardia

O11-1. Slew Rate of Ventricular Potential as a Predictor of

Kei Yamamoto(Japan)

Lower Pacing Threshold after Active Lead Fixation

O13-3. Hypokalemia and Class III Anti-Arrhythmic Agents

Ikuko Togashi (Japan)

Induced QT Prolongation and Ventricular Arrhythmia

O11-2. Initial Experiences of Subcutaneous Implantable Car-

in a Patient with KCNE3 Mutation

dioverter Defibrillators in Japan: Can the Subcutane-

Minoru Tagawa(Japan)

ous Device Replace the Transvenous Defibrillator?

O13-4. Dose-Dependent Effects of Bepridil for the Treatment

Wataru Shoin (Japan)

of Ventricular Arrhythmias Associated with Enhanced

O11-3. Early Experience of WCD in our Hospital.

Cardio-Sympathetic Activity

Sayaka Tanaka(Japan)

Junya Watanabe(Japan)

O11-4. Subcutaneous Implantable Cardiac Defibrillator can

O13-5. Ventricular Tachycardia and icd Implantation is Highly

Reduce the Procedure Time Compared with Trans-

Prevalent in Patients with Left Mid-Ventricular

Venous Implantable Cardiac Defibrillator

Obstruction in Various Types of Hypertrophic Cardio-

Hiroyuki Miyazawa(Japan)

myopathy

O11-5. The Indication of Subcutaneous Implantable Cardio-

Koji Sugiyama(Japan)

verter Defibrillator for Brugada Syndrome may be Limited in Standard 12-Lead Electrocardiogram

Pearl

Screening.

J-AB シンポジウム

Takato Mohri (Japan)

Oral Presentation(JO)12

15:50-16:50

13:30-14:30

J-AB の進捗状況とこれから

座長:山根 禎一(東京慈恵会医科大学附属病院循環器内科/日本

14:40-15:40

不整脈心電学会カテーテルアブレーション委

AF-2

員会委員長)

Chairpersons:

演者:

Masayuki Igawa(Japan)/Seiichiro Matsuo(Japan)

1. 山根 禎一(東京慈恵会医科大学附属病院循環器内科/日本不整脈

Speakers:

心電学会カテーテルアブレーション委員会委員長)

O12-1. Pace-Capture-Guided Ablation after Contact-Force-

2. 井上 耕一(桜橋渡辺病院循環器内科)

Guided Pulmonary Vein Isolation: A Randomized

3. 竹上 未紗(国立循環器病研究センター開発基盤センター)

Controlled Trial Masaharu Masuda(Japan) O12-2. Implications of Left Atrial Low Voltage Zone Areas During Atrial Fibrillation in Persistent Atrial Fibrillation Patients with Radiofrequency Ablation Kazuhiro Yajima(Japan)

95

Friday, September 15

Comparison Between Uninterrupted and Interrupted

JJ-1. 心不全デバイス治療の最新のトピックス

Japanese Sessions

演者:

Room 501

MPS2-4. SOP システムを用いた小児植込みデバイス管理の効率化に

教育講演 2

ついて

8:30-9:30

関谷 崇志(東京大学医学部附属病院医療機器管理部)

フレイル症例における抗凝固療法

MPS2-5. 省力化を目指した遠隔モニタリングの運用

座長:井上 博(済生会富山病院)

三浦 俊二(済生会福岡総合病院臨床工学部)

演者:山下 武志(公益財団法人心臓血管研究所)

メディカルプロフェッショナル口述演題 1

Room 502 メディカルプロフェッショナル特別講演 1

Japanese Sessions

Friday, September 15

座長:

デバイスの設定の考え方・デバイスのデータをみる

足利 敬一(宮崎市郡医師会立病院循環器科)

座長:高橋 勝行(倉敷中央病院臨床検査技術部)

工藤 幸雄(沖縄徳州会中部徳州会病院臨床工学部)

演者:中井 俊子(日本大学医学部附属板橋病院)

メディカルプロフェッショナル特別講演 2

演者: MPO1-1. Magnetic Navigation System 使用下における磁気セン

10:00-11:30

サ付き多極マッピングカテーテルの位置精度に関する検

心臓植込みデバイスのメンタルヘルス



座長:前田 明子 (杏林大学医学部付属病院循環器内科不整脈セ

三木 悠資(加古川中央市民病院臨床工学室)

ンター)

MPO1-2. NavX による AutoMap と従来の左房 Voltage Map の精

演者:菊地 俊暁(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 1

16:30-18:00

心臓電気生理学・アブレーション-1

8:30-10:00

度の検討 杉山 千紘(日本大学医学部附属板橋病院臨床工学技士室)

13:30-15:00

MPO1-3. EnSite Velocity Precision2.0 における AutoMap 機能評

不整脈治療における患者指導



座長:

河藤 壮平(岡山ハートクリニック臨床工学科)

鵜野 和代(宮崎市郡医師会病院看護科)

MPO1-4. 心房細動の病型に伴う低電位領域出現部位の検討

高橋 勝行(倉敷中央病院臨床検査技術部)

飛田 祥伸(兵庫医科大学臨床工学室)

コメンテーター:樗木 晶子(九州大学大学院医学研究院保健学)

MPO1-5. 心 房 細 動 ア ブ レ ー シ ョ ン に お け る C A R T O C O N -

演者:

FIDENSETm Module の有用性の検討 黒澤 菖子(東京医科歯科大学医学部附属病院 ME センター)

MPS1-1. 当院のペースメーカー外来における患者指導 水津 英仁 (川崎医科大学附属病院 ME センター)

MPO1-6. CARTO ガイドにて Confidence を用いての左房 Voltage Map と手動での左房 voltage Map の精度の差の検討

MPS1-2. ICD 植込み患者の自動車運転に関する取り組みと現状

西尾 佳恵(日本大学医学部附属板橋病院臨床工学技士室)

石原 隆史 (愛媛大学医学部附属病院 ME 機器センター)

MPO1-7. CARTO3 CONFIDENSETm Module の使用経験

MPS1-3. 心臓デバイス植込み患者のフォローアップについて 光石 純子 (カレスサッポロ北光記念病院 ICD/ペースメーカー

高野 真史(JA 茨城県厚生連総合病院土浦協同病院臨床工学部)

センター)

Room 503

MPS1-4. 超高齢地域を背景とした病院におけるデバイス看護師の役

JHRS 保険委員会セッション



高額医療機器の登場に伴う医療費適正化をどのように行うか

―デバイス外来における多職種連携強化のために―

座長:松本 万夫 (東松山医師会病院/日本不整脈心電学会健康保

大月 幸恵 (JA 長野厚生連北アルプス医療センターあづみ病院

険委員会前委員長) /沖重 薫(横浜市立みなと赤十字病院

看護部)

心臓不整脈先進診療科/日本不整脈心電学会健康保険委員

MPS1-5. 遠隔モニタリングを利用した心不全管理

会前委員長)

遠部 千尋 (岡山大学病院看護部入院棟東病棟 7 階)

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 2

13:30-15:00

演者: 1. アブレーションに使用する高額マッピングおよびアブレーション

15:00-16:30

治療機器について

遠隔モニタリングマネージメント

土谷 健(EPExpertDoctors―TeamTsuchiya)

座長:

2. デバイス手術および管理における医療費適正化をどう考えるか

堺 美郎(済生会熊本病院臨床工学部門)

古山 准二郎(済生会熊本病院循環器内科)

高垣 勝(滋賀県立成人病センター臨床工学部)

3. 医療機器をめぐる保険償還について

コメンテーター:

下井 辰徳(厚生労働省保険局医療課)

木村 竜介(おもと会大浜第一病院・心臓血管センター金沢循 環器病院)

不整脈手技中の鎮静

演者:

16:40-17:40

座長:

MPS2-1. 当院の遠隔モニタリングの現状

清水 昭彦(山口大学大学院医学系研究科保健学専攻)

前林 寿弥 (神戸赤十字病院医療技術部)

丹野 郁(昭和大学江東豊洲病院循環器内科)

MPS2-2. 当院における遠隔モニタリングマネージメントの現状

演者:

有道 真久 (心臓病センター榊原病院臨床工学科)

1. 鎮静の基本事項

MPS2-3. 標準作業手順 (Standard Operating Procedure)を用い

横田 美幸(がん研究会有明病院)

た Daily Remote Monitoring の有効活用:単施設の初期

2. 鎮静のコツと落とし穴

使用経験からみた有用性と課題

坪川 恒久(東京慈恵会医科大学附属病院)

加藤 隆太郎 (弘前大学医学部附属病院臨床工学部)

※不整脈専門医資格更新指定講座

96

Japanese Sessions メディカルプロフェッショナル口述演題 5

Room 511+512 メディカルプロフェッショナル口述演題 2

13:30-14:30

Clinical Research/Teaching Case Reports

8:30-9:30

Chairpersons:

術中・周術期管理

Miyako Igarashi(Japan)/Emi Nakano(Japan)

座長:

Speakers:

栗田 康生(国際医療福祉大学大学院)

MPO5-1. Left Atrial Function does not Decrease by Left Atrial

萩原 陽(杏林大学医学部付属病院臨床工学室)

Posterior Wall Isolation in Addition to Pulmonary

演者:

Vein Isolation for Atrial Fibrillation.

MPO2-1. 心臓カテーテルアブレーション時の点滴過負荷による心

MPO5-2. Left Atrial Low-Voltage Areas Predict Atrial Fibrillation Recurrence after Catheter Ablation Even in

MPO2-2. 超高齢者への鎮静鎮痛管理の経験

Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation

小谷 友喜 (鳥取県立中央病院臨床工学室)

MasaharuMasuda(Japan)

MPO2-3. Hot Balloon Ablation における食道冷却時の誤嚥回避に

MPO5-3. Fibrillation Cycle Length in the Surface ECG Predicts

ついての検討

Future Congestive Heart Failure Event in Patients

木下 美智留 (大崎病院東京ハートセンター不整脈センター)

with Long-Lasting Atrial Fibrillation

MPO2-4. クライオアブレーションにおける横隔膜複合筋活動電位

TazuruIgarashi(Japan)

(Cmap)の最適部位の検討

MPO5-4. Association Between Local Bipolar Voltage and

亀井 祐哉 (山形大学医学部附属病院、臨床工学部)

Conduction Gap Along the Left Atrial Linear Abla-

MPO2-5. 抗凝固療法非投薬例に対するカテーテルアブレーション

tion Lesion

後の静脈血栓症の発生に関する検討

MasaharuMasuda(Japan)

石田 誠司 (医療法人社団宏和会岡村記念病院検査科)

メディカルプロフェッショナル口述演題 3

MPO5-5. A C a s e o f B r a d y c a r u d i a c H e a r t F a i l u r e w i t h Improved Atrio-Ventricular Conduction by Adminis-

9:30-10:30

tration of Cilostazol

生体モニタリング

MasaruKiyama(Japan)

座長:

Exhibition Hall C

加藤 愛章(筑波大学医学医療系臨床医学域小児科)

教育セミナー

小川 孝二郎(筑波メディカルセンター病院循環器内科) 演者:

不整脈医に必要な心臓デバイス・アブレーション治療に関連 する心臓構造

MPO3-1. ホルター心電図が有用であった小児の嚥下性失神の 1 例 瓜生 佳世 (福岡市立病院機構福岡市立こども病院検査部)

井川 修(日本医科大学多摩永山病院内科・循環器内科)

MPO3-2. 原因不明失神例の診断における植え込み型ループレコー

[9:20-10:20]

ダの有用性に関する検討

1. 大動脈基部とその周辺構造の解剖

熊谷 英明 (昭和伊南総合病院臨床工学室) MPO3-3. 原因不明の失神に対する植込み型ループレコーダの有用

[13:30-14:30]



2. 房室接合部とその周辺構造の解剖:HB ペーシングの可能性

境田 知子 (東京医科大学病院中央検査部生理機能検査室) MPO3-4. 安静短時間の QT と RR の関係 奥川 茜 (文京学院大学大学院保健医療科学研究科)

メディカルプロフェッショナル口述演題 4

Saturday, September 16 Main Hall

10:30-11:30

The 6th Antiarrhythmic Therapy Summit

MRII 対応デバイス/画像診断/その他 座長:

9:00-11:30

Comprehensive Care for Elderly AF Patients

福田 元敬(厚生会多治見市民病院内科)

Chairpersons:

柴田 幸美(近畿大学医学部附属病院臨床工学部)

Hiroshi Inoue(Japan)/Hirotsugu Atarashi(Japan)

演者:

Speakers:

MPO4-1. Cieds 患者の mri 検査オーダーシステムに講じた安全対策

1. Role of Inflammation in Atrial Fibrillation: Observations in

西川 祐策 (三重大学医学部附属病院臨床工学部)

Rat and Human

MPO4-2. 条件付き mri 対応心臓植込み型デバイス装着患者における

NaohikoTakahashi (Japan)

緊急 mri 撮像対応により診断・治療に奏功し、予後の改善

2. Current Status of Direct Oral Anticoagulants for Atrial

に寄与したと考えられた 1 症例

Fibrillation in Japan: Comparative Real-world Data from

田原 卓矢 (大阪大学医学部附属病院臨床工学部)

the J-RHYTHM, FUSHIMI AF and SAKURA AF Registries

MPO4-3.〈演題取り下げ〉

YasuoOkumura(Japan)

MPO4-4. 心臓植込みデバイス患者の電気メス使用手術での臨床工

3. Implication of Frailty in the Management of Patients with

学技士の立会い業務について

Atrial Fibrillation

柳澤 雅美 (国立病院機構京都医療センター臨床工学科)

HidenoriArai(Japan) 4. Heart Failure and Atrial Fibrillation TakayukiInomata(Japan)

97

Japanese Sessions

不全発症の有無に関与する因子について 佐藤 妙子 (鹿児島大学大学院心臓血管高血圧内科学)

Saturday, September 16

AkihiroTakitsume(Japan)

丸山 徹(九州大学基幹教育院健康支援センター)

5. Linking Atrial Fibrillation with Dementia: Epidemiological and Mechanistic Evidence

基調講演:CDR-KL.HistoryandCurrentSituationofCCDS

MasafumiIhara (Japan)

CertificationSystemfortheAlliedProfessionals

DAIICHISANKYOCO.,LTD.

inUS CharlesJ.Love(UnitedStates)

Room 301 薬剤師公開講座

演者:

15:00-17:30

CDR-1. ペースメーカの EGM 取込み機能の設定を変更することでそ

抗血栓療法(抗血小板薬/抗凝固薬)を再考する

の後の解析が可能であった一例

Japanese Sessions

Saturday, September 16

座長:

山畑 博史(フクダ電子株式会社)

新 博次(南八王子病院)/川上 純一(浜松医科大学医学部附

CDR-2. 過去 11年半における CIED の電磁干渉に対する環境調査の

属病院薬剤部)

検討

演者:

小川 淳(日本ライフライン株式会社)

1. 血栓形成の基礎知識

CDR-3. 皮下植込み型除細動器(S-ICD)の植込み時に Shock Coil 留

浅田 祐士郎 (宮崎大学医学部病理学講座構造機能病態学分野)

置部位が原因による High DFT と考えられた 1 症例

2. 心房細動に対する抗凝固療法:薬剤師が知っておくべき基礎知識

谷内 允人 (ボストン・サイエンティフィックジャパン株式会社)

志賀 剛 (東京女子医科大学循環器内科)

CDR-4. ペーシング出力を用いた ICD リード不全の検出

3. 本邦の心房細動患者における Direct oral anticoagulants の現

清水 咲野(日本メドトロニック株式会社 CRHF 事業部製品教

状:J-RHYTHM, FUSHIMI AF, SAKURA AF Registry の比較

育部)

奥村 恭男 (日本大学医学部内科学系循環器内科学分野)

CDR-5. デバイス外来における手動での設定変更の頻度について

4. 高齢者 AF のアドヒアランスについて薬剤師の視点から考える

塩谷 周平(三栄カルディオ株式会社)

山村 恵子 (愛知学院大学薬学部臨床薬剤学)

CDR-6. 心電図解析に難渋したペースメーカ患者の 1 例

5. まるわかり:いまさら聞けない PCI と抗血小板療法

都丸 修作(ボストンサイエンティフィックジャパン)

田邉 健吾 (三井記念病院循環器内科)

CDR-7. 心房細動中に下限レートを下回るイベントが意図せず捉え

第 10 回アジア太平洋不整脈学会学術集会(APHRS2017)

られた一例

第 64 回日本不整脈心電学会学術大会(JHRS2017)

尾関 麗彰(フクダ電子東京販売株式会社)

第一三共株式会社

CDR-8. Biotronik 社の Auto Sensing 機能 により FFRW TypeⅡに よる Mode Switch を回避した事例

Room 316 海外留学を志す君に 1

小笠原 裕一(バイオトロニックジャパン株式会社)

13:30-15:00

CDR-9. 小料理屋における冷蔵庫の接地不良にて発生したオーバー

北米編

センシングを解決した 1 例(接地抵抗測定の重要性)

座長:徳田 道史(東京慈恵会医科大学付属病院循環器内科)

梅津 努(筑波大学附属病院看護部デバイス外来)

コメンテーター:

Room 502

山田 功(アラバマ大学バーミンガム病院心血管病科)

メディカルプロフェッショナル特別講演 3

演者:

数式なしの統計的仮説検定―実際の研究結果から考え方を学 ぶ―

1. ペンシルバニア大学留学体験記 林 達哉 (亀田総合病院循環器内科)

座長:梅津 努(筑波大学附属病院看護部)

2 南カリフォルニア留学のススメ

演者:千葉 康敬(近畿大学医学部附属病院臨床研究センター)

入江 忠信 (群馬大学医学部附属病院循環器内科) 3. ○○留学のススメ

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 3

藤井 昭 (愛媛大学大学院病態情報内科学) 4. メイヨー・クリニック留学記

10:00-11:30

遠隔モニタリングのアラート対応

宮本 康二(国立循環器病研究センター心臓血管内科部門不整

座長:

脈 科/Department of Cardiovascular Medicine, Mayo

前田 明子(杏林大学医学部付属病院循環器内科不整脈セン

Clinic)

ター)/綿引 哲夫(東海大学基盤工学部医療福祉工学科)

5. ニューヨークでの留学で学んだこと

コメンテーター:真中 哲之(浅草ハートクリニック)

久佐 茂樹 (土浦協同病院循環器内科)

演者: MPS3-1. 当院における遠隔モニタリングシステムの現状

Room 501 JHRS-CDR ジョイントセッション

8:30-10:00

福田 勇司(松江赤十字病院医療技術部臨床工学課)

9:10-11:30

MPS3-2. 遠隔モニタリングシステムのアラート設定と対応

座長:

竹中 祐樹(岡山大学病院)

小林 義典(東海大学医学部付属八王子病院循環器内科)

MPS3-3. 当院における遠隔モニタリングのアラート対応

野上 昭彦(筑波大学医学医療系循環器不整脈学講座)

藤巻 愛子(東京医科歯科大学医学部附属病院 ME センター)

審査員:

MPS3-4. 遠隔モニタリングデータを利用した患者指導~チーム医療

今井 克彦(国立病院機構呉医療センター心臓血管外科)

での看護師の役割を考える~

高木 雅彦(関西医科大学総合医療センター不整脈循環セン

菅 令子(鳥取県立中央病院看護局)

ター) 中井 俊子(日本大学医学部内科学系循環器内科学分野) 西井 伸洋(岡山大学大学院医歯学総合研究科循環器内科)

98

Japanese Sessions メディカルプロフェッショナルシンポジウム 4

演者:

13:30-15:00

MPO6-1. コンタクトフォース導入前後における肺静脈隔離術中追

発作性心房細動アブレーション治療の選択

加焼灼の比較

座長:

祝迫 周平(金沢大学附属病院 ME 機器管理センター)

前川 正樹(おもと会大浜第一病院診療技術部臨床工学科)

MPO6-2. イリゲーションカテーテルを用いた肺静脈隔離術におけ

中嶋 勉(群馬県立心臓血管センター技術部臨床工学課)

る温度上昇に伴う出力制限―頻度、患者特徴、予測因子の

コメンテーター:山崎 浩(筑波大学附属病院循環器内科)

検討―

演者:

海老根 麻理(茨城県立中央病院臨床工学技術科)

MPS4-1. 当院における CARTO System を用いた発作性心房細動ア

藤原 麻未(藤田保健衛生大学病院 ME 管理室)

MPS4-2. 発作性心房細動治療における EnSite ガイド高周波カテー

MPO6-4. 持続性心房細動に対する上大静脈隔離術の有用性につい

テルアブレーションの利点



神谷 嘉彦 (大垣市民病院医療技術部診療検査科)

大谷 拓也(香川県立中央病院臨床工学部)

MPS4-3. Hot Balloon Ablation による肺静脈隔離術

MPO6-5. 当院における Cryo ABL 専用記録シートの作成と運用

福島 基弘 (公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央

佐藤 友理(済生会横浜市東部病院臨床工学部)

病院臨床検査技術部)

MPO6-6. 心房細動アブレーション 6 年後に出現した心房細動様の

MPS4-4. 発作性心房細動アブレーション 「クライオバルーンによる

心電図波形を呈した sinus venosa 起源心房頻拍の 1 例

肺静脈隔離術」

佐々木 亮(北海道大学病院、ME 機器管理センター)

熊谷 正純 (横浜市立みなと赤十字病院検査部)

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 5

メディカルプロフェッショナル口述演題 7

15:00-16:30

10:00-11:30

心臓電気生理学・アブレーション-3

地域でのスキルアップ

座長:

座長:

野副 純世(済生会福岡総合病院循環器内科)

中川 孝太郎 (国家公務員共済組合連合会横浜栄共済病院臨床

一柳 宏(名古屋大学付属病院臨床工学技術部)

工学科)/井野 裕也(京都桂病院臨床工学科)

演者:

コメンテーター:貝谷 和昭(大津赤十字病院循環器科)

MPO7-1. 焼灼 gap 同定困難例に対し Auto Mapping を用いた Gap

演者:

Mapping が有効であった一例

MPS5-1. 瀬戸内での不整脈のスキルアップ

田中 雄己(神戸市立医療センター中央市民病院臨床工学技術

高橋 勝行 (倉敷中央病院臨床検査技術部)

部)

MPS5-2. 京都 EP/アブレーションスキルアップセミナーについて

MPO7-2. Ensite Velocity System Precision2.0 を用いた VT アブ

杉村 宗典 (天理よろづ相談所病院臨床検査部)

レーションの経験

MPS5-3. 地域でのスキルアップ~不整脈関連勉強会を発足して~

渡邉 哲広(獨協医科大学越谷病院臨床工学部)

松本 景史 (JCHO 大阪病院臨床工学室)

MPO7-3. 多極電極を使用した心房期外収縮の activation map で

MPS5-4. 地域におけるスキルアップ

CARTO System Wave Front Annotation が治療に有用

寺村 聡 (社会医療法人誠光会草津総合病院臨床工学部)

であった 1 例

MPS5-5. 地 域 で の 臨 床 工 学 技 士 の ス キ ル ア ッ プ を 目 指 し て ~

降矢 憲一(一般財団法人仙台厚生病院臨床工学室)

METSnagasaki~

MPO7-4. 肺静脈隔離術後の左房天蓋部を起源とする心房頻拍に対

石原 康平 (長崎大学病院 ME 機器センター)

し CARTO3TM と RhythmiaTM で Activation Map を作 成した 2 例

Room 503

富沢 直樹(さいたま赤十字病院医療技術部臨床工学技術課)

教育講座 1 〔メディカルプロフェッショナル:事前申込〕 13:30-16:30

MPO7-5. Mitral Isthmus Line の block 作成に Ultra High-Density

多方面から心臓を診る

Electroanatomical Mapping が有用であった一例

座長:

坂本 政彦(兵庫県立尼崎総合医療センター)

山科 章(東京医科大学/東京医科大学医学教育推進センター)

MPO7-6. 電気的異常基質(CFAE)が心房細動の再現に関与していた

演者:

症例と検証

1. 失神・心臓突然死に関する従来法よりも低侵襲的な診断・治療・

根津 知行(大崎病院東京ハートセンター臨床工学室)

予防について

MPO7-7. 当院におけるクライオアブレーション手技中に発生した

橋本 賢一 (防衛医科大学校集中治療部)

システムエラーの検討

2. 心電図で右心系の病気を考える

岡田 和宜(倉敷中央病院臨床工学部)

山科 章 (東京医科大学/東京医科大学医学教育推進センター) 日本光電工業株式会社・教育講座 1 係

Oral Presentation (JO) 76

Room 511+512 メディカルプロフェッショナル口述演題 6

13:30-14:30

AF-3

Chairpersons:

8:30-10:00

Shinsuke Miyazaki(Japan)/Hiroshi Sohara(Japan)

心臓電気生理学・アブレーション-2 座長:

岡松 秀治(済生会熊本病院循環器内科) 中嶋 勉(群馬県立心臓血管センター技術部臨床工学課)

99

Japanese Sessions

房細動停止の予測因子となりうる

鳥羽 清志郎 (筑波大学附属病院医療機器管理センター)

Saturday, September 16

MPO6-3. 心腔内カルディオバージョンにおける電極間抵抗値は心

ブレーションへの取組み

Oral Presentation (JO) 78

Speakers: O76-1. Impact of the Number of Irrigation Holes and Irrigation

Pharm-3

Flow Rate on the Occurrence of Thromboembolic

Chairpersons:Satoshi Shizuta(Japan)/Koji Fukuda

Events After Contact Force-Guided Radiofrequency

(Japan)

Ablation of Atrial Fibrillation

Speakers:

Kohki Nakamura(Japan)

O78-1. Incidence and Predictors of Silent Cerebral Thrombo-

O76-2. Left Atrial Reverse-Remodeling is a Predictor of Cath-

embolic Lesions after Catheter Ablation for Atrial

eter Ablation Success in Persistent Atrial Fibrillation:

Fibrillation in Patients Treated with Direct Oral Anti-

Japanese Sessions

Saturday, September 16

Subanalysis of the KPAF Registry

coagulants

Eitaro Fujii (Japan)

Atsushi Doi(Japan)

O76-3. Usefulness of Real-Time Electrophysiological Monitor-

O78-2. Left Atrial Appendage: An Underrecognized Trigger

ing for the Novel Pulmonary Vein Isolation Device:

and Maintenance Role of Atrial Fibrillation in a Swine

Hot-Balloon

Model

Yasuhiro Sasaki(Japan)

Yumi Munetsugu(Japan)

O76-4. Acute Procedural Results of Radiofrequency Hot Bal-

O78-3. Dosing Period of Direct Oral Anticoagulants for Car-

loon Ablation for Paroxysmal Atrial Fibrillation in our

dioversion in Patients with Non-Paroxysmal Atrial

Institute; Comparison with Those of Cryoballoon Pul-

Fibrillation

monary Vein Isolation.

Takanao Mine(Japan)

Satoshi Fujita (Japan)

O78-4. Two Cases of the Marshall Bundle Related Macro-

O76-5. Peri-Procedural Quality of Life in Patients Undergoing

Reentrant Atrial Flutter Without any History of the

Atrial Fibrillation Ablation: Cryobaloon PVI, Radiofre-

Left Atrial Intervention

quency PVI, and Radiofrequency Adjuvant Substrate

Marina Arai(Japan)

Modification in Addition to PVI

O78-5. Impact of High-Resolution Electro Anatomical Map-

Takuya Ohashi(Japan)

Oral Presentation(JO)77

15:30-16:30

ping System(RhythmiaTm)on Ablation of Right Atrial Tachycardia

14:30-15:30

Yutaka Take(Japan)

VT-1

Chairpersons:Seiji Fukamizu(Japan)/Akiko Ueda

メディカルプロフェッショナル口述演題 8

(Japan)

16:30-18:00

心臓電気生理学・アブレーション-4/その他

Speakers:

座長:

O77-1. Estimation of the Origin of Ventricular Outflow Tract

田坂 浩嗣(倉敷中央病院循環器内科)

Arrhythmia with V3 Precordial Transition Using Syn-

小室 拓也(山口大学大学院医学系研究科)

thesized Right-Sided Chest Leads

演者:

Masahiro Nakano(Japan)

MPO8-1. カテーテルアブレーションにて洞調律維持が可能であっ

O77-2. Utility of Confidense Module for Catheter Ablation of

た長期持続性心房細動症例の僧帽弁逆流変化

Ventricular Tachycardia

春木 康伸(社会医療法人北海道循環器病院臨床検査科)

Satoshi Miyazawa (Japan)

MPO8-2. 発作性心房細動アブレーション後の再発に関連する左房

O77-3. Utility of High Resolution Mapping Using the Rhythmi-

形態の検討

aTm Mapping System for Catheter Ablation of Para-

安田 奈央(名古屋掖済会病院臨床工学部)

Hisian Ventricular Arrhythmias

MPO8-3. 心房細動発症に関連する因子 ~25 年間の成人健診結果

Kohki Nakamura(Japan)

より~

O77-4. Four cases of Cryoballoon Ablation for Atrial Fibrilla-

小澤 あい(医療法人社団永澤滋夫記念会永沢クリニック)

tion with Common Pulmonary Vein

MPO8-4. 当院におけるハムノイズへの対応

Takuma Izutsu(Japan)

森末 明彦 (医療法人広島ハートセンター広島心臓血管クリ

O77-5. Electrical Nerve Stimulation(ENS)Guided Renal

ニック診療技術部)

Autonomic Nerve Ablation(Comparison of Ens-

MPO8-5. ホットバルーンアブレーションにおける電気ノイズ対策

Induced Responses Between Onsite and Remote Dis-

中村 悟士(神戸市立医療センター中央市民病院臨床工学技術

tal Sites of Ablation)

部)

Osamu Saitoh(Japan)

MPO8-6. カテーテルアブレーションにおけるイリゲーションシス テムのノイズ検討 齋木 啓太(さいたま赤十字病院医療技術部臨床工学技術課)

展示ホール C 教育セミナー 不整脈医に必要な心臓デバイス・アブレーション治療に関連 する心臓構造 井川 修(日本医科大学多摩永山病院内科・循環器内科)

100

Japanese Sessions Room 501

[9:10-10:10] 3. 右房・右室構造:右房、特に右心耳構造と右室内刺激伝導系

教育講演 8

9:20-10:20

Affirm study 再考 アブレーション、 DOAC 時代における抗

[13:30-14:30]

不整脈薬の役割

4. 左房とその周辺構造の解剖:肺静脈、洞房結節動脈など

座長:小川 聡(小川聡クリニック) 演者:小松 隆(岩手医科大学内科学講座心血管・腎・内分泌内科分野)

Sunday, September 17

Oral Presentation (JO) 97 Chairpersons:

8:00-9:30

Yasuhiro Yokoyama(Japan)/Kazuaki Kaitani(Japan)

欧州編

Speakers:

座長:

O97-1. Impact on Acute Atrial Fibrillation Termination on the

吉賀 康裕(山口大学大学院医学系研究科器官病態内科学)

Outcome of Ablation of Persistent Atrial Fibrillation

コメンテーター:

Kazuki Iso(Japan)

牧元 久樹(Universitätsklinikum Düsseldorf)

O97-2. Two Cases of Non-Sustained Para-Hisian Atrial Tachy-

Speaker:

cardia, Which Were Successfully Ablated on the Tri-

1. 海外留学を志す君に(University of Bordeaux)

cuspid Ring More Than 20 mm Remote from the Earli-

滝川 正晃 (東京医科歯科大学循環器科)

est Activation Site

2. ベルギー王国での臨床留学の経験と実情

Akira Sugimoto(Japan)

齋藤 友紀雄 (東京医科大学八王子医療センター循環器内科)

O97-3. Case Report of Pulmonary Venous Dissection with Hot

3. You は何しに Praha へ?

Balloon Ablation

福永 真人 (小倉記念病院循環器内科)

Tomoka Tabata(Japan)

4. ロンドン留学で学んだこと、感じたこと

O97-4. Radiofrequency Catheter Ablation for Atrial Fibrilla-

林 英守 (順天堂大学循環器内科)

tion Post La Maze Procedure the Atrial Fibrillation

5. ミラノでの EP Fellow としての経験

Treatment

山瀬 美紀 (大崎病院東京ハートセンター循環器内科)

Miwa Miyoshi(Japan) O97-5. Successful Epicardial Substrate Mapping and Ablation

Room 416+417

for Ventricular Tachycardia in Chronic Chagasic Car-

13:00-14:00

diomyopathy

座長:

Hiroyuki Kato(Japan)

高垣 勝(滋賀県立成人病センター臨床工学部) 神谷 典男(聖隷浜松病院臨床工学室)

Oral Presentation (JO) 98

審査員:

13:20-14:20

Lead-1

梅津 努(筑波大学附属病院看護部)

Chairpersons:

前田 明子(杏林大学医学部付属病院循環器内科不整脈セン

Koichi Sagara(Japan)/Yoshiyasu Aizawa(Japan)

ター)

Speakers:

高橋 勝行(倉敷中央病院臨床検査技術部)

O98-1. Extraction of the Lead for Cardiac Implantable Electri-

堺 美郎(済生会熊本病院臨床工学部門)

cal Devices. Our Experience and Strategy for Zero

演者:

Complication.

1. 心房細動アブレーション患者の左房収縮能計測による臨床的意義

Yuji Narita(Japan)

についての考察—左房収縮期圧+dp/dt の解析—

O98-2. The Role of Transthoracic Ultrasound Venogram Pre-

中井 浩司 (名古屋掖済会病院臨床工学部)

ceding Device Lead Extraction

2. 健常者におけるホルター心電計を用いた心室加算平均心電図の日

Hiroshi Furusho(Japan)

内変動の特徴

O98-3. A Case of Successful Ablation for Premature Ventricu-

原田 直美(日本大学医学部 内科学系 総合内科・総合診療医学

lar Contraction Originating from the Right Ventricular

分野)

Lateral Tricuspid Annulus by Using the Wavefront

3. サーモクールスマートッチ SF と TactiCath Quarrtz のコンタク

Annotation Method.

トフォースの精度の検証、及び CF・接触角・出力を同条件とした

Kazumasa Sonoda(Japan)

場合の焼灼巣の比較

O98-4. Frequency and Management of Right Ventricular Per-

杉本 寛之 (東北大学病院診療技術部臨床工学部門)

foration

4. 心臓植込み型デバイス情報の一元管理化を目指して

Masahiro Sekigawa(Japan)

渡邉 研人 (独立行政法人地域医療機能推進機構東京山手メ

O98-5. Unsuccessful Defibrillation by a Durata Lead: A Return

ディカルセンター臨床工学部)

of Riata Lead Failure

5. 単純 CT による解剖学的評価を用いた CRT 植え込み術の有用性に

Ayako Okada (Japan)

ついて 徳留 大剛 (独立行政法人労働者健康安全機構横浜労災病院臨 床工学部)

101

Japanese Sessions

SVT-2

海外留学を志す君に 2

メディカルプロフェッショナル優秀賞

10:20-11:20

Sunday, September 17

Room 317

Oral Presentation(JO)99

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 6

14:20-15:20

AF-4

3D Mapping の工夫 座長:

Chairpersons: Kazuo Usuda(Japan)/Kenichi Hiroshima(Japan)

丹生 治司(小倉記念病院検査技師部) 土井 房恵(東京医科歯科大学病院 ME センター)

Speakers:

コメンテーター:熊谷 浩司 (群馬県立心臓血管センター循環器

O99-1. Outcomes of the Left Atrial Posterior Wall Isolation for Ablation of Persistent Atrial Fibrillation Using CARTO

内科)

3 System and Visitag Module

演者:

Japanese Sessions

Sunday, September 17

Hisashi Murakami (Japan)

1. CARTO3 の使用と現状

O99-2. Surface ECG May Predict the Difficulty of Cavotricus-

根本 貴史(札幌ハートセンター札幌心臓血管クリニック臨床

pid Isthmus Ablation for Counterclockwise Typical

工学部)

Atrial Flutter

2. CARTO CONFIDENSE Module の活用

Takashi Iizuka(Japan)

黒崎 亮輔(済生会熊本病院臨床工学部)

O99-3. Impact of an Additional Right Pulmonary Vein on Sec-

3. 3Dmapping EnSite Velocity System の工夫

ond Generation Cryoballoon Ablation for Paroxysmal

芳森 亜希子(君津中央病院臨床工学科)

Atrial Fibrillation: A Propensity Matched Score Study

4. 第三の波 “Rhythmia Mapping System”

Ken Takarada (Belgium)

伊藤 朋晃(小倉記念病院検査技師部工学課)

O99-4. Predictors of Atrial Fibrillation Recurrence after Catheter Ablation: Sex Differences in Electrophysiology

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 7

Seigo Yamashita (Japan)

Oral Presentation(JO)100

座長:

15:20-16:20

柴田 正慶(北海道循環器病院診療技術部臨床検査科) 一柳 宏(名古屋大学付属病院臨床工学技術部)

Chairpersons:

コメンテーター:鵜野 起久也(札幌ハートセンター/ハートリズ

Takashi Noda(Japan)/Noriyoshi Yamawake(Japan)

ムセンター)

Speakers:

演者:

O100-1. Efficacy of Atrial Antitachycardia Pacing at High Inter-

1. ノイズの無い心内電位を記録するために EP エンジニアはどのよ

atrial Septum

うに考えるべきか?

Yuta Miyano (Japan)

前川 正樹(おもと会大浜第一病院診療技術部臨床工学科)

O100-2. Fracture of a Pacemaker Lead 12 Years after Implan-

2. 円滑なアブレーション治療のための当院の工夫

tation

萩原 陽(杏林大学医学部付属病院臨床工学室)

Rikitake Kogawa (Japan)

3. 当院のカテーテルアブレーション治療におけるノイズ対策・対応

O100-3. The Effect of Atrial Anti-Tachycardia Pacing Capabil-

の現状

ity for Atrial Tachyarrhythmia in Patients with Car-

降矢 憲一(一般財団法人仙台厚生病院臨床工学室)

diac Device

4. 当院でのカテーテルアブレーション業務(ABL)に関わるノイズ対

Satoru Komura(Japan)

策への取り組みと限界

O100-4. Predictive Factors of New Onset Atrial Fibrillation

縮 恭一(筑波大学附属病院医療機器管理センター)

after Pacemaker Implantation.

Room 503

Jun Oikawa (Japan)

メディカルプロフェッショナル口述演題 9

Room 502

8:20-9:50

教育・指導・管理/メンタルケア/その他

8:20-9:50

座長:

こうして読む心電図判読の procedure

谷本 耕司郎(国立病院機構東京医療センター循環器内科)

座長:丹生 治司(小倉記念病院検査技師部)

根岸 壮親(慶應義塾大学病院医用工学室)

演者:渡辺 重行(水戸協同病院/筑波大学水戸地域医療教育センター)

メディカルプロフェッショナル特別講演 5

14:50-16:20

アブレーションにおけるノイズ対策

Brady-1

メディカルプロフェッショナル特別講演 4

13:20-14:50

演者: MPO9-1. デバイスチームの効果と今後の課題

9:50-11:20

中島 章江(前橋赤十字病院)

VT の EPS とアブレーション

MPO9-2. 心臓植込型デバイスによる心房細動の情報管理

座長:堺 美郎(済生会熊本病院臨床工学部門)

山﨑 大輔(旭川医科大学病院診療技術部臨床工学技術部門)

演者:副島 京子(杏林大学医学部循環器内科)

MPO9-3. 当センターにおける植込み型心臓モニタの患者説明につ いて 岡田 華奈(大阪府立急性期・総合医療センター、医療技術部、 臨床工学室) MPO9-4. I C D 植 え 込 み を 意 思 決 定 す る 患 者 の 思 い ~どのような情報を望み意思決定したか~ 大塚 渚(富山赤十字病院、循環器内科)

102

Japanese Sessions MPO9-5. ペースメーカ植え込み後の患者の創部違和感の変化につ

MPO11-2. リードトラブルが疑われたが、本体交換にて異常回避が

いて

可能であったペースメーカー新規植込み後の 1 例

鈴木 麻美 (鳥取県立中央病院)

大庭 光三郎(宮崎市郡医師会病院、臨床工学室)

MPO9-6. 当院での小児期ペースメーカ治療の成績

MPO11-3. Pacing 極性変更により LV Pacing 閾値が低下した一例

神谷 典男 (聖隷浜松病院臨床工学室)

メディカルプロフェッショナル口述演題 10

金子 寛昭(香川県立中央病院臨床工学部) MPO11-4. S-ICD 植込み時にプログラマーの誤操作により、予期し ない心室細動が誘発された症例

9:50-11:20

鈴木 耕太(慶應義塾大学病院医用工学室)

遠隔モニタリング・デバイスチェック・プログラミング



境田 知子(東京医科大学病院中央検査部)

磯村 健二(大阪大学医学部附属病院臨床工学部)

演者:

MPO11-6. CRT-D の早期電池消耗を起こした一例

MPO10-1. 遠隔モニタリングに関する管理業務と患者教育について

山内 亜由美(仁愛会浦添総合病院 ME 科)

中村 健志 (国立病院機構京都医療センター臨床工学科)

MPO11-7. CRTD の自動リードインピーダンス測定がリードノイズ

MPO10-2. 当院における、遠隔モニタリング管理の現状

と誤認された 1 例

冨田 大史 (安城更生病院臨床検査技術科)

服部 哲斎(名古屋大学医学部附属病院臨床工学技術部)

MPO10-3. 遠隔モニタリングによる ICD/CRTD 管理 小森 直美 (京都第二赤十字病院臨床工学課)

メディカルプロフェッショナルシンポジウム 8

MPO10-4. Home Monitoring アラートを利用した標準作業手順書

9:50-11:20

不整脈治療における鎮静

の運用

座長:

香水 美鈴 (名古屋第二赤十字病院医療技術部第二臨床工学課)

石橋 麻希 (聖マリアンナ医科大学病院画像放射線治療セン

MPO10-5. 遠隔モニタリングのみのフォローアップで十分な治療介

ター) /梅津 努(筑波大学附属病院看護部)

入ができるのか? ~当院の ICD データベースでの検

コメンテーター:松井 由美恵 (大阪府済生会泉尾病院循環器内

討~

科)

小野 仁 (千葉大学医学部附属病院臨床工学センター)

演者:

MPO10-6. 当院における遠隔モニタリング NSVT アラートの解析- 報告必要性を踏まえた SOP の作成-

1. 心房細動アブレーションにおける全身麻酔と静脈麻酔の術中モニ

花城 緑 (仁愛会浦添総合病院 ME 科)

タリングと安全性の検討

MPO10-7. 遠隔モニタリング導入患者における、胸郭インピーダン

中村 奈緒(愛宕病院看護部)

ス超過での心不全入院についての検討

2. 当院における心房細動アブレーション時の鎮静管理の検討

白石 大輔 (北播磨総合医療センター、診療支援部臨床工学室)

岡本 沙矢香(岡山ハートクリニック看護部) 3. 当院における nastent と BIS を使用した moderate sedation に

教育講座 2 〔メディカルプロフェッショナル:事前申込〕 13:20-16:20

ついて 長瀬 弘行(一宮市立市民病院臨床工学室)

メディカルプロフェッショナルに伝えたい!心電図の基本的 な読み方

4. アブレーションにおける鎮静の重要性 安島 良輝子(筑波大学附属病院看護部)

座長:

5. 鎮静剤プロトコル導入前後の痛み・鎮静レベルの比較検討

井上 博(済生会富山病院)/池田 隆徳 (東邦大学医学部内科学

野中 寛子(宮崎市郡医師会病院看護科)

講座循環器内科学) 演者:

メディカルプロフェッショナル口述演題 12

1. 学校心臓健診における心電図で注意すべきポイント

Case Report-2/その他

住友 直方 (埼玉医科大学国際医療センター小児心臓科)

座長:

2. 心電図の波形判読と疾患の鑑別

梶原 正貴(佐賀大学医学部附属病院循環器内科)

横式 尚司 (北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学)

熊谷 英明(昭和伊南総合病院臨床工学室)

3. 不整脈デバイス患者での心電図の読み方のポイント

演者:

河村 光晴 (昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門) フクダ電子株式会社・教育講座 2 係

MPO12-1. 当院における着用型自動除細動器(WCD)の現状 内田 さくら(公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中

Room 511+512 メディカルプロフェッショナル口述演題 11

13:00-14:30

央病院)

8:20-9:50

MPO12-2. 植込み型ループレコーダーの自動送信化により遠隔モニ

Case Report-1

タリングシステムのコンプライアンスが向上し得るか

座長:

長町 千里(公益財団法人日本心臓血圧研究振興会榊原記念ク

岡本 陽地(あんの循環器内科)

リニック)

辻井 正人(三重ハートセンター診療支援部)

MPO12-3. 電気メスがペースメーカーに与える影響についての検証

演者:

辻本 紘史(医仁会武田総合病院臨床工学科) MPO12-4. His-Bundle Pacing におけるヒス束電位波高とヒス束閾

MPO11-1. VF/リードノイズ鑑別機能 (SecureSense)および遠隔モ

値の相関関係の検討

ニタリングの併用によりショックリード断線に早期に対

黒田 聡(あかね会土谷総合病院臨床工学課)

応しえたと考えられる一症例 鈴鹿 敏夫 (セント ・ ジュード ・ メディカル株式会社)

103

Japanese Sessions

動器植込み術を施行したペースメーカ植込み術後の 1 症

井上 完起(榊原記念病院循環器内科)

Sunday, September 17

MPO11-5. 心室細動による心肺停止蘇生後に完全皮下植込み型除細

座長:

演者:

MPO12-5. 迷 走 神 経 刺 激 装 置(VNS)留 置 患 者 に ペ ー ス メ ー カ ー (PM) 植込みを行った 1 例

1. Short-term Rapid Atrial Pacing Alters the Gene Expression

藤井 洵希 (聖隷浜松病院臨床工学室)

Profile of Rat Liver:Cardiohepatic Interaction in Atrial

MPO12-6. 心内心電図データの保存機能によって一拍のペーシング

Fibrillation

抑制が発生した 1 例

加藤 武史(金沢大学附属病院循環器内科)

綾見 卓也 (イムス三芳総合病院循環器 CE)

2. The Genetics Underlying Acquired Long QT Syndrome.

MPO12-7. 携帯型心電計 ホーム ECG によって発作性心房細動を発

Impact for genetic screening.

見した 2 例

伊藤 英樹(滋賀医科大学医療安全管理部)

Japanese Sessions

Sunday, September 17

松井 太志 (ユニオンツール株式会社長岡工場)

日本不整脈心電学会誌「心電図」最優秀論文賞

展示ホール C 教育セミナー

14:30-14:50

不整脈に必要な心臓デバイス・アブレーション治療に関連す る心臓構造

座長:井上 博(済生会富山病院) 演者:

井川 修(日本医科大学多摩永山病院内科・循環器内科)

ベクトル合成 187 チャネル高分解能心電計を用いた心室遅延電位の

[9:10-10:10]

判定基準とその妥当性の評価

5. 左室の解剖および心膜腔・胸腔の解剖:左室乳頭筋および Pur-

小原 義宏 (東京女子医科大学付属病院中央検査部)

第 22 回日本不整脈心電学会学術奨励賞

kinje 線維、左室内正常刺激伝導系

14:50-15:50

座長:萩原 誠久(東京女子医科大学循環器内科) 選考委員: 熊谷 浩一郎(福岡山王病院ハートリズムセンター)/清水 昭 彦(山口大学大学院医学系研究科保健学系学域)/新田 隆 (日 本医科大学心臓血管外科)/本荘 晴朗(名古屋大学環境医学研 究所 心・血管分野)/蒔田 直昌 (長崎大学大学院医歯薬学総合 研究科分子生理学分野)/山根 禎一 (東京慈恵会医科大学 循 環器内科) 演者: 1. Allele-specific ablation rescues electrophysiological abnormalities in a human iPS cell model of long-QT syndrome with a CALM2 mutation 山本 雄大 (京都大学大学院医学研究科循環器内科) 2. Variants in the SCN5A Promoter Associated With Various Arrhythmia Phenotypes 八木原 伸江 (新潟大学医歯学総合病院循環器内科) 3. Genotype-Phenotype Correlation of SCN5A Mutation for the Clinical and Electrocardiographic Characteristics of Probands with Brugada Syndrome:A Japanese Multicenter Registry 山形 研一郎 (国立循環器病研究センター心臓血管内科) 4. Non-Reentrant Fascicular Tachycardia:Clinical and Electrophysiological Characteristics of a Distinct Type of Idiopathic Ventricular Tachycardia. Ahmed Talib (筑波大学医学医療系循環器内科)

医科学応用研究財団による日本不整脈心電学会論文賞 15:50-16:20 座長:高橋 尚彦(大分大学医学部循環器内科・臨床検査診断学 講座) 選考委員: 加藤 律史(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科)/小松  隆(岩手医科大学内科学講座心血管・腎・内分泌内科分野)/中 野 由紀子(広島大学病院循環器内科)/横式 尚司(北海道大 学病院循環器内科)/渡邉 英一(藤田保健衛生大学医学部循環 器内科)

104