S K R O W SYSTEM U B L I C P O N T I

W H 土台H鋼材 (STEEL H-300) アンカーボルト (Anchor Bolt M20) 商品案内Products & Services COSMOS PANEL(BSK−C TYPE) コスモスパネル(BSK−Cタイプ)...

0 downloads 328 Views 2MB Size
生 活 環 境 を 守る会社 BLIC PU

Y FS

U

C

EM

TI

O

ST

FO

Head Office 2F, Kodemma-Fine Bldg,,14-9,Kodemmacho,Nihonbashi,Chuo—ku,Tokyo,                103-0001,Japan                PHONE:03-5645-3600(Switchboard) FACSIMILE:03-5645-3601

N/

SO UND P RO O

本 社 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町14 番 9 号                     小 伝 馬 ファインビル 2 F    T E L . 03 - 5645 - 3600(代表) F A X . 03 - 5645 - 3601 営業所 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町 1 -17-23 江坂Mビル 8 F T E L . 06 - 6821 - 6151(代表) F A X . 06 - 6821 - 6477

騒音防止 SYSTEM

WORK S

土木・建築・公共工事の

R

CI

VIL

ENGIN

EERING

/C

S ON

TR

Branch Office 8F, Esaka M Bldg., 1-17-23, Esaka-cho, Suita-shi, Osaka Prefecture, 564-0063, Japan PHONE:06-6821-6151(Switchboard) FACSIMILE:06-6821-6477

www.daimaru-bouon.co.jp

NOISE PREVENTION SYSTEM for Civil Engineering / Construction / Public Works

2016.12

大丸防音は1982年、大丸防音工業(1963年 創業)から分離独立以来、工場の騒音防止対 策や公共工事の騒音防止対策を行うことで環 境保全の手伝いをしてまいりました。 近年は特に、都市土木工事から発生する夜 間の工事騒音対策のために、防音パネルの開 発・施工技術の改善・安全対策の強化に尽力 いたしております。 また、振動篩から発生する超低周波音対策 につきましては、業界トップの実績を誇って おります。 環境汚染や地球温暖化は大きな社会問題と なり、企業のみならず個人個人の生活習慣の見 直しの必要性が増してきていますが、環境にや さしいインフラの整備や古くなったインフラの 再構築に関しても、インフラ整備工事に伴う騒 音問題は避けて通ることはできません。 大丸防音は、インフラ整備工事に伴う騒音 問題解決のエキスパートとして、これからも 発注者の皆様・施工業者の皆様・ひいては周 辺住民の皆様のお役に立てるよう努力してい く所存です。

It is possible to get rid of noises emanating from daily life. 大丸防音にはその技術とノウハウがあります。 人々の生活環境を守る立場で防音します。

2



4



業務案内

Buisness Guide

商品案内

Products & Services



コスモスパネル (BSK−Cタイプ)

6

サイレントパネル (BSK−Bタイプ)

Cosmos Panel(BSK-C Type)

Silent Panel(BSK-B Type)

8

ダイトーンパネル (BSK−Aタイプ)

Daitone Panel(BSK-A Type)

Top Message

天井クレーン 振動篩

裏注P

ホッパー

10 V2パネル (BSK−Lタイプ)

V2 Panel(BSK-L Type)

12 技術資料



Technical Data

14 施工実績

Construction Achievements

15 会社情報



FP 処理槽

About Us



会社概要



沿 革

In 1982, Daimaru Bouon spun off from Daimaru Bouon Kogyo (founded in 1963), and since then it has been contributing to the protection of the environment through the installation of noise prevention measures at factories and public works sites. Particularly in recent years, we have been making the effort to develop soundproof panels, improve construction techniques, and enhance safety measures in order to prevent noise pollution from public works in cities at night. We can proudly say that we have achieved the top results in the industry with our prevention measures for infrasonic sounds emanating from vibrating screens.

立て杭



防音は高い技術が必要な

ごあいさつ

 工事の一部だと考えています

日常生活で発生する騒音は、 消すことができます。   

Environmental pollution and global warming have become major social issues, and not only must enterprises review their own operations, but it has also become increasingly necessary for individuals to review their own lifestyles. Based upon this new consciousness of the environment, construction of new environment-friendly infrastructure and restoration of older infrastructure will begin, and along with that new construction will come noise issues that must be dealt with.

Corporate Profile

History

シールドマシン

SOUNDPROOF

Daimaru Bouon, as an expert in the prevention of noise pollution caused by infrastructure construction, is determined to make further effort to help not only customers and contractors, but also residents living around such construction sites.

代表取締役社長

Representative Director & President

坂之井 秀輝 Hideki SAKANOI

SYSTEM FOR CIVIL ENGINEERING/ CONSTRUCTION/ PUBLIC WORKS

1

業務案内

Business Guide

コスモスパネル(BSK−Cタイプ)

COSMOS PANEL(BSK−C TYPE)

私たちはトンネル工事騒音の音響コンサルティング及び 仮設防音設備業務のプロフェッショナルです We are a professional company performing acoustical consulting services for tunnel construction works and temporary soundproofing equipment rental & installation services.

❶ 音響コンサルティング業務

Acoustical Consulting Services

❷ 仮設防音設備業務

トンネル掘削工事を行うに当たって騒音源を仮定 し、対象となる民家を特定します。現場の周辺の状 況や法規制を調べ、工事期間中の騒音レベルを予測 し、騒音レベルが規制基準値を上回ると予想される 場合には、作業基地の防音対策をシュミレーション し、適切な防音計画を作成いたします。事前の音響 コンサルティングを十分行うことで、現場において 苦情が発生して工事の進行が妨げられる事態が発生 することを防ぐことができます。

Before tunnel boring is carried out, we identify potential sources of noise and any private houses that will be affected. We check conditions in the vicinity of the site and any relevant laws or regulations which apply. We then estimate the noise level that will arise during the construction work. If the noise level is expected to exceed a specific noise restriction standard value, we simulate soundproofing measures at the work base, and prepare an appropriate soundproofing plan. Adequate acoustical consultation beforehand can prevent a situation where the work is halted because of noise complaints.

トンネル掘削工事現場での防音対策は、工事期間 が限定されることから仮設防音設備を採用していま す。通常場内では90〜100dB程度の騒音が発生しま すが、周辺地域の状況にあわせて、これらの騒音を 住居前で40〜60dBまで低減しなければなりません。 低減する量にあわせて遮音性能別に、コスモスパネ ル(BSK−Cタイプ) ・サイレントパネル(BSK−B タイプ)・ダイトーンパネル(BSK−Aタイプ)の3 種類のパネルを用意しています。

■ 騒音規制基準値の範囲

我が国の工場騒音の規制に関する基準は、騒音の 区域を4区域に分け、区域ごとに昼・朝夕・夜間の 規制基準値を定めています。市町村長は定められた 範囲の中で規制基準値を決定します。

防音壁の効果 Effect of Soundproof Wall

10 0

■ Range of Noise Restriction Standard Values

Under Japanese industrial noise restriction standards, noise restriction areas are divided into four categories. Restriction standard values for daytime, morning/ evening, and night are set for each category. Those noise restriction standards are set within specific parameters by municipal mayors.

コスモスハウスの効果 Effect of Cosmos House

45

65 昼 間 Daytime

朝・夕 Morning/Evening

夜 間 Night

第1種区域 First-class Area

45dB以上 50dB以下

40dB以上 45dB以下

40dB以上 45dB以下

第2種区域 Second-class Area

50dB以上 60dB以下

45dB以上 50dB以下

40dB以上 50dB以下

第3種区域 Third-class Area

60dB以上 65dB以下

55dB以上 65dB以下

50dB以上 55dB以下

第4種区域 Fourth--class Area

65dB以上 70dB以下

60dB以上 70dB以下

55dB以上 65dB以下

Time Division

区域の区分 Area Division

(昭和43年11月27日厚生・農林・通商産業・運輸省告示)

2

防音対策がない 場合のコンター図

高性能防音ハウス対策の 場合のコンター図

ダイトーンパネル(BSK−Aタイプ)

DAITONE PANEL(BSK−A TYPE)

For soundproofing measures at tunnel boring sites, temporary soundproofing equipment is used because of the limited construction period. While noises of about 90-100 dB normally occur within these sites, depending on circumstances such noises must be reduced to 40-60 dB in front of homes. Based on how much noise is to be reduced, we can provide three types of panels: Cosmos panels(BSK-C Type), Silent panels(BSK-B Type), and Daitone panels(BSK-A Type). All differ in noise barrier performance.

特殊なパネルとして、超低周波用V2パネル(BSK −Lタイプ)があります。 超低周波音とは、1次処理機から発生する20Hz以 下の耳に聞こえない音で、77dBを超えるとガラス 戸をガタガタ揺らすことがあります。V2パネルは この超低周波音を25〜30dB低減できます。

騒音の規制に関する基準 Standards Regarding Noise Restriction 時間の区分

Temporary Soundproofing Equipment Rental & Installation Services

サイレントパネル(BSK−Bタイプ)

SILENT PANEL(BSK−B TYPE)

V2パネル(BSK−Lタイプ)

V2 PANEL(BSK−L TYPE)

We have one special kind of panel called the V2 panel (BSK-L Type)which is designed to prevent infrasonic noise. Infrasonic sounds are inaudible sounds of 20 Hz or less which occur from primary treatment machines, and may cause vibration in glass doors and other similar installations when noise exceeds 77 dB. V2 panels can reduce such infrasonic sounds by 25-30 dB. 3

商品案内

Products & Services

COSMOS PANEL(BSK−C TYPE)

コスモスパネル(BSK−Cタイプ)

〈防音効果〉

−35

dB

遮音量最大の高性能フラット型パネル

High-performance Flat Panels with the Highest Amount of Noise Insulation

〈特 徴〉

パネル寸法(Panel Size)

・ 支柱が見えないフラットタイプ ・ 高性能な大型パネル ・ 組立作業は内面からOKで、工事期間中の第3者災 害を防ぐことができる ・ 表面がフラットなのでヴィジュアル対応が可能

型式 Model

寸法 Size

重量 Weight

CM4

1000 H × 4000 W × 100 t

230 kg

CM2

1000 H × 2000 W × 100 t

130 kg

W

〈Features〉

H

・ Flat type(pillars invisible) ・ Large high-performance panel ・ Prevents accidents involving bystanders during installation because assembly can be carried out inside ・ Visually compatible with the surroundings thanks to the flat surface

パネル性能表(Panel Performance Table) 中心周波数 (Hz) 透過損失 (TL) 吸音率 (α)

125

250

500 1000 2000 4000

24

30

37

39

42

40

0.28 0.64 0.85 0.87 0.79 0.73 防音設備協会「設計・積算要領書」より

(Soundproofing Organisation [Design & Estimate Standards]

基礎参考図(Foundation Reference Diagram) アンカーボルト (Anchor Bolt M20)

壁パネル取付図(Mounting Style) 外面(Outside)

壁パネル(Wall Panel)

土台H鋼材 (STEEL H-300) 内面(Inside)

ハウスの 組立手順

Steps for Assembling a House

1.基礎コンクリート 土台H鋼の設置

Concrete Foundation Placement of H Steel Foundation

4

鋼板(PL)3.2t 空気層(Airspace) グラスウール(Glass Wool)50mm ガラスクロス(Glass Cloth) パンチングメタル(Punching Metal)

2.柱パネル 耐風梁の取付け

3.壁パネルの取付け Placement of Wall Panels

4.屋根パネルの取付け Placement of Roof Panels

Pillar Panels Placement of Wind-resistant Beams

5

商品案内

Products & Services

SILENT PANEL(BSK−B TYPE)

サイレントパネル(BSK−Bタイプ) −30 組立簡単なユニット型パネル

〈防音効果〉 dB

Easy-assembly Unit Panel

〈特 徴〉

パネル寸法(Panel Size)

・ ユニット型なので自由に設計できる ・ パネルジョイント方式で組立が簡単に行える ・ 1次処理機やコンプレッサーの音源対策に最適 ・ 大型防音ハウスにも対応可能

型式 Model

寸法 Size

重量 Weight

SP4

1000 W × 4000 H × 100 t

220 kg

SP2

1000 W × 2000 H × 100 t

120 kg

H

〈Features〉 ・ Unit-type panels allow for freer design ・ Easy to assemble with the panel joint method ・ Ideal for noise control measures for primary treatment machines or air compressors ・ Compatible even with large soundproof houses

W

パネル性能表(Panel Performance Table)

壁パネル取付図(Mounting Style)

外面(Outside)

中心周波数 (Hz) 透過損失 (TL) 吸音率 (α)

壁パネル(Wall Panel)

125

250

500 1000 2000 4000

17

23

33

0.23 0.64

0.8

39

42

38

0.85 0.75 0.55

防音設備協会「設計・積算要領書」より

(Soundproofing Organisation [Design & Estimate Standards]

内面(Inside)

鋼板(PL)2.3t 空気層(Airspace) グラスウール(Glass Wool)50mm ガラスクロス(Glass Cloth) パンチングメタル(Punching Metal)

コンプレッサー用防音ボックス

H

(Soundproof Cover for Air Compressor) 型式 Model

寸法 Size

402型

4200 W × 2200 L × 3200 H

406型

4200 W × 6200 L × 3200 H

W 6

L

7

商品案内

Products & Services

DAITONE PANEL(BSK−A TYPE)

ダイトーンパネル(BSK−Aタイプ) −15 オーソドックスな落込みタイプ

〈防音効果〉 dB

Orthodox Drop-in Type

〈特 徴〉

パネル寸法(Panel Size)

・ 防音壁用防音パネル ・ 自立式防音壁の柱にパネルを落込む ・ 敷地形状に合わせて施工できる

型式 Model

寸法 Size

重量 Weight

D250S

1000 H × 1960 W × 100 t

44 kg

W

〈Features〉 ・ Soundproof panels for soundproof walls ・ Drop-in panels are installed between pillars for freestanding soundproof walls ・ Construction based on the shape of the site is possible

H

自立式防音壁(Freestanding Soundproof Walls) 壁パネル取付図(Mounting Style) 外面(Outside)

内面(Inside)

防音壁の 組立手順

Piling

8

鋼板(PL)1.2t 空気層(Airspace) グラスウール(Glass Wool)50mm ガラスクロス(Glass Cloth) パンチングメタル(Punching Metal)

パネル性能表(Panel Performance Table)

Steps for Assembling Soundproof Walls

1.杭打ち

壁パネル(Wall Panel)

中心周波数 (Hz) 透過損失 (TL) 吸音率 (α) 2.耐風梁の取付け

Placement of Wind-resistant Beams

3.柱建方

Pillar Erection

4.パネル投入 Panel Drop-in

125

250

500 1000 2000 4000

13

17

27

35

40

45

0.25 0.65 0.85 0.83 0.75 0.55 防音設備協会「設計・積算要領書」より

(Soundproofing Organisation [Design & Estimate Standards]

9

商品案内

Products & Services

V2 PANEL(BSK−L TYPE)

V2パネル(BSK−Lタイプ)

1次処理機の超低周波音を抑える高剛性重量パネル

〈防音効果〉

16Hz:

−25〜 −30dB

High-rigidity Heavy-weight Panel that Reduces Infrasonic Sounds from Primary Treatment Machines

〈特 徴〉

パネル寸法(Panel Size)

・ 超低周波音用に剛性を高くした、コンクリート入 り重量パネル ・ ユニット型で組立が簡単

型式 Model V2

寸法 Size

重量 Weight

1000 W × 4000 H × 300 t 1200 kg

W H

〈Features〉 ・ Heavy-weight panels containing concrete that enhance rigidity against infrasonic sound ・ Easy to assemble because of the unit-type

〈注〉 超低周波音とは、1次処理機から発生する20Hz以 下の耳に聞こえない音(120dB以上)で、77dBを超 えるとガラス戸をガタガタ揺らすことがあり、V2 パネルはこの超低周波音を25〜30dB低減できる。 〈 Note 〉 Infrasonic sounds are inaudible sounds of 20 Hz or less which occur from the primary treatment machines, and may cause vibration in glass doors and other similar installations when noise exceeds 77 dB. V2 panels can reduce such infrasonic sounds by 25-30 dB.

パネル取付図(Mounting Style) 外面(Outside)

内面(Inside)

外枠(Frame) 鋼板(PL) コンクリート(Concrete) 空気層(Airspace) グラスウール(Glass Wool) 外枠(Frame)

振動ふるいの超低周波音 内外レベル差

Inner and Outer Infrasonic Sound Level Difference due to Vibration Shifter V2 パネル V2 Panel

116 dB

89dB

114 dB

振 動 ふ る い Vibrating Screen

113dB

105 dB

振 動 ふ る い

106 dB

Vibrating Screen

振 動 ふ る い

113dB

Vibrating Screen

107dB 109dB

内側(INSIDE)16Hz:音圧レベル(Sound Pressure Level)

112dB

外側(OUTSIDE)16Hz:音圧レベル(Sound Pressure Level)

10

11

技術資料

Technical Data

⑴ 障壁による騒音の伝搬防止 Prevention of Noise Propagation through Barrier Walls 音源と受音点との間に障壁を設置すると障壁による回折現象により音が減衰する。障壁による音の減衰量を次式に 示す。 When placing a barrier wall between the source of sound and the sound receiving point, sounds will decay due to sonic diffraction caused by the barrier wall. The following formula shows sound attenuation by the barrier wall.

L PA 1=LWA−20×Log (r )−8−ATT 式2-2 ATT : 前川による防音壁の回折減衰 [dB ] (㈳日本騒音制御工学会『騒音制御』Vol.15, No.4 (1991)P40 より) N≧1.0 : ATT=10×Log ( N )+13 0≦N<1.0 : ATT=5+8×N 0.45 ATT −0.3≦N<0 : ATT=5−8×∣N∣0.4 N<−0.3 : ATT=0 N : フレネル数 N=( 2×δ) /λ δ : 経路差 δ=( r1 + r2 )−r λ : 波長 λ=C /f (f : 中心周波数 [ Hz] ) C : 音の伝搬速度 C=340 [m/s ]

〈防音壁を透過する音の計算〉 L PA 2=LWA−20×Log (r )−8−TL TL : 防音壁材料の透過損失 [dB]

式2-3

〈デシベルの合成〉

回折音L PA1と透過音L PA2 の合成騒音レベルLPA は、下記式にて合成の計算をする。 10

+10

L PA 1=LWA−20×Log (r )−8−ATT Formula 2-2 ATT : Sound attenuation due to diffraction by soundproof wall according to Maekawa [dB] (p40, Vol. 15, No.4(1991)“Noise , Control”, Institute of Noise Control Engineering of Japan) N≧1.0 : ATT=10×Log ( N )+13 0≦N<1.0 : ATT=5+8×N 0.45 ATT −0.3≦N<0 : ATT=5−8×∣N∣0.4 N<−0.3 : ATT=0 N : Fresnel number N=( 2×δ) /λ δ : Channel difference δ=( r1 + r2 )−r λ : Wavelength λ=C /f (f : center frequency [ Hz] ) C : Sound propagation velocity C=340 [m/s]

〈Calculation of Sounds Going through a Soundproof Wall〉 L PA 2=LWA−20×Log (r )−8−TL Formula 2-3 TL : Transmission Loss of Soundproof Wall Material [dB]

〈Decibel Combination〉

The combined noise level( LPA)of the diffracted sound(L PA1 )and the transmission sound (L PA2 ) shall be calculated by the following formula.

LPA2 10



式2-4

L PA=10×Log Mud-water Treatment Plant

) 1 m r(

10 m H

110dB

r(2

m



10

BSK−Aタイプ

+10

Q 4πr 2

L rj=Lwoj+10×Log



式2-5 式2-6



式2-7

Lrj

L isj=LWA+10×Log Lwoj=L isj−TLj+10×LogSj

防音ハウス BSK−C タイプ

110





Formula 2-5 Formula 2-6

Formula 2-7

Lrj

L r=10×Log Σ10 式2-8 ( (日本建築学会編 「実務的騒音対策の指針(第二版) 」 P26,27 より) L isj : 壁面の単位面積に入射するパワーレベル [dB] Q : 指向係数=2(地面反射を考慮) θ : 入射角度(壁面に対する垂線となす角 度)[度] αS R : 室定数= 1−α α : 室内平均吸音率 S : 室内総面積 [m2] Lwoj : 各壁面のパワーレベル[dB] TLj : 各壁面の透過損失[dB] Sj : 対象壁の面積 [m2] L rj : ハウスからr [m]点の各壁面からのレベル [dB] L r : ハウスからr [m]点の合成騒音レベル[dB]

泥水処理プラント

Q 4πr 2

L rj=Lwoj+10×Log

10

10

L r=10×Log Σ10 Formula 2-8 (Source: p26 and p27 of“Guideline of Practical Noise Measures(Second Edition)”, Architectural Institute of Japan) L isj : power level falling on wall surface per unit area [dB] Q : Directivity factor = 2(ground reflection considered) θ : Incidence angle(angle of the perpendicular against the wall surface)[in degrees] αS R : Room constant = 1−α α : Indoor average sound absorption coefficient S : Total inside area of room [m2] Lwoj : Power level of each wall surface [dB] TLj : Transmission loss of each wall surface [dB] Sj : Area of targeted wall [m2] L rj : Level from each wall surface of r [m] point from house [dB] L r : Combined noise level of r [m] point from house [dB] Soundproof House BSK-C Type Mud-water Treatment Plant

dB

LPA2

110

dB

42 dB

10

Formula 2-4 10m

r(2

10m

42 dB 10m

10m

m



r(m) Soundproof Wall

55 dB

BSK−A Type

5m

5m

L isj=LWA+10×Log Lwoj=L isj−TLj+10×LogSj

Q cosθ 1 4πrj 2 +R

) 1 m r(

r(m) 防音壁

5m

LPA1

110dB

H(m)

泥水処理プラント

10

10 m H

L PA=10×Log

10

LPA1

〈Calculation of Diffracted Sounds from Soundproof Wall〉

Q cosθ 1 4πrj 2 +R

H(m)

〈防音壁からの回折音の計算〉

⑵ 室内騒音源による屋外騒音 Outdoor Noise caused by the Indoor Noise Sources

55 dB

5m

〈仮設防音設備 防音パネル性能表〉Soundproof Panel Performance Table for Temporary Soundproofing Equipment 1/1 オクターブバンド 中心周波数[Hz]Center Frequency[Hz]for 1/1 Octave Band

項 目 Item BSK-Aタイプ (板厚1.2t以上) Soundproof Panel

防音パネル

BSK-A Type

(Thickness: 1.2t or more)

BSK-Bタイプ (板厚2.3t以上) BSK-B Type

(Thickness: 2.3t or more)

BSK-Cタイプ (板厚3.2t以上) BSK-C Type

(Thickness: 3.2t or more)

12

125

250

500

1K

2K

4K

透過損失[dB] Transmission Loss

13

17

27

35

40

45

Sound Absorption Coefficient

吸音率

0.25

0.65

0.85

0.83

0.75

0.55

透過損失[dB] Transmission Loss

17

23

33

39

42

38

吸音率

Sound Absorption Coefficient

0.23

0.64

0.80

0.85

0.75

0.55

透過損失[dB] Transmission Loss

24

30

37

39

42

40

Sound Absorption Coefficient

吸音率

0.28

0.64

0.85

0.87

0.79

0.73

防音設備協会資料より

13

施工実績

Construction Achievements

上下水道工事 Water Supply and Sewerage

地下鉄工事 Subway

導水路・共同溝工事 Headrace/Common Ditch

東京都 Tokyo

東京都 Tokyo

東京メトロ Tokyo Metro

国土交通省 導水路工事 Ministry of Land, Penstock

大阪市 Osaka

大阪市 Osaka

神戸市 Kobe

共同溝工事(横浜)Joint Structure(Yokohama)

名古屋市 Nagoya

福岡市 Fukuoka

仙台市 Sendai

国土交通省 共同溝工事(大阪)Joint Structure(Osaka)

山岳トンネル工事 Mountain Tunneling

14

神戸市 Kobe

広島市 Hiroshima

国土交通省 Ministry of Land

電力工事 Power-supply Work

中国電力 Chugoku Electric Power Co., Inc.

15

会社情報

About Us

会社概要

沿革

Corporate Profile

【商 号】 大丸防音株式会社

【設立年付日】 昭和57年8月26日

【資本金】 4000万円

【代表取締役】 坂之井秀輝

【所在地】 東京本社 〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町         14番9号小伝馬ファインビル2階 TEL:03-5645-3600 FAX:03-5645-3601 大阪営業所 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-17-23 江坂Mビル8階 TEL:06-6821-6151 FAX:06-6821-6477 岡山工場 〒701-0021 岡山県岡山市藤田230 スキルミヤコ工業団地 TEL:086-296-8181 茨城機材センター 〒300-0506 茨城県稲敷市沼田2615-1 TEL:029-892-8176

【業務提携先】 備讃商事株式会社 大丸通商株式会社 有限会社国兼工業所

【業務内容】 騒音防止装置の設計・施工・賃貸及び販売、騒音の測定

【主要取引銀行】 三井住友銀行 目黒支店 朝日信用金庫 豊島町支店

【許可免許】 建設業許可 東京都知事 般-23 第76001号 計量証明事業登録(音圧レベル)東京都 第1277号 計量証明事業登録(振動加速度レベル)東京都 第1278号

【加入団体】 公益社団法人 日本騒音制御工学会 社団法人 日本トンネル技術協会 防音設備協会(BSK)

【Corporate Name】 Daimaru Inc.

【Foundation Date】 August 26, 1982

【Capital】 40 million yen

【Representative Director & President】 Hideki SAKANOI

【Location】 Tokyo Head Office 2F, Kodemma-Fine Bldg,,14-9,Kodemmacho, Nihonbashi,Chuo-ku,Tokyo,103-0001,Japan PHONE:03-5645-3600 FACSIMMILE:03-5645-3601 Osaka Branch Office 8F, Esaka M Bldg., 1-17-23, Esaka-cho, Suita-shi, Osaka Prefecture, 564-0063 PHONE:06-6821-6151 FACSIMMILE:06-6821-6477 Okayama Plant Sukirumiyako Industrial Complex, 230, Fujita, Okayama-shi, Okayama Prefecture, 701-0021 PHONE:086-296-8181 Ibaraki Equipment & Materials Center 2615-1, Numata, Inashiki-shi, Ibaraki Prefecture, 300-0506 PHONE:029-892-8176

History

昭和57年8月

大丸防音株式会社を設立、資本金1050万円でスタート

昭和60年9月

資本金2000万円に増資

昭和61年8月

資本金 4000万円に増資

昭和62年8月

東京都目黒区下目黒 3-4-2に本社を移転

昭和62年12月

業務拡大にともない千葉県葛飾郡沼南町に千葉機材センターを確保

平成2年10月

東京都目黒区下目黒2-23-18に本社を移転

平成3年12月

大阪市北区西天満6-1-2千代田ビル別館9階に大阪営業所を開設

平成5年5月

大阪府吹田市垂水町3-28-16に大阪営業所を移転

平成5年12月

茨城機材センターを開設、千葉機材センターを廃設

平成8年3月

東京都港区新橋1-5-6に本社を移転

平成12年11月

東京都中央区入船1-3-9に本社を移転

平成15年8月

東京都中央区湊2-4-1に本社を移転

平成21年9月14日

東京都千代田区東神田2-10-15に本社を移転

平成28年12月12日  東京都中央区日本橋小伝馬町14番9号に本社を移転 August

1982

September 1985

Capital is increased to 20 million yen.

August

1986

Capital is increased to 40 million yen.

August

1987

Head Office is moved to 3-4-2, Shimo-meguro, Meguro-ku, Tokyo.

December

1987 With business expansion, the company secures Chiba Equipment & Materials Center in Shonan-machi, Katsushika-gun, Chiba Prefecture.

【Business Partners】 Bisan Corporation Daimaru Tsusho Co., Ltd. Kunigane Kogyosho Limited Company

【Business Outline】 Design/construction/rental/sales of noise protection equipment, and noise measurement consulting

【Main Banks】 Sumitomo Mitsui Bank, Meguro Branch Asahi Shinkin Bank, Toshima-cho Branch

【Licenses】 Contractor License: No. 76001 of General-23 granted by Tokyo governor Measurement Certification Business Registration(Sound pressure Level): No. 1277 granted by Tokyo Metropolitan Government Measurement Certification Business Registration(Vibration Acceleration Level): No. 1278 granted by Tokyo Metropolitan Government

Daimaru Inc. is established with capital of 10.5 million yen.

October

1990 Head Office is moved to 2-23-18, Shimo-meguro, Meguro-ku, Tokyo.

December

1991 Osaka Branch Office is established at Chiyoda Building Annex, 9F, 6-1-2, Nishitenma, Kita-ku, Osaka City.

May

1993

Osaka Branch Office is moved to 3-28-16, Tarumi-cho, Suita-shi, Osaka Prefecture.

December

1993 Ibaraki Equipment & Materials Center is established and Chiba Equipment & Materials Center is abolished.

March

1996

Head Office is moved to 1-5-6, Shinbashi, Minato-ku, Tokyo.

November 2000

Head Office is moved to 1-3-9, Irifune, Chuo-ku, Tokyo.

August

Head Office is moved to 2-4-1, Minato, Chuo-ku, Tokyo.

2003

September 14, 2009

Head Office is moved to 2-10-15, Higashi-kanda, Chiyoda-ku, Tokyo.

December 12, 2016 Head Office is moved to 14-9, Kodemmacho, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo.

【Organizations Joined】 Institute of Noise Control Engineering of Japan Japan Tunneling Association Soundproofing Association(BSK) 16

17